peanut-f [www-frame

 ピーナッツは1才の子犬。殺処分を待つのみという運命であったが、今の飼い主さんと出会い運命が変わった。そんなピーナッツは恐怖の反動か大の甘えん坊になってしまった。

 ちょっと大きな赤ちゃんピーナッツの甘えん坊っぷりをご紹介しよう。
スポンサードリンク


Happy Peanut

 ピーナッツは、12日間もの時間を保健所で過ごし、死を待つのみであったところ里親に保護された。引き取っては来たものの、ピーナッツは最初見るものすべて、新たに出会う人間の全てが恐ろしく、何もかもに脅えていたのだという。

 しかし2週間が過ぎたころ、ピーナッツは気づいたのだ。「この人たちは私を愛してくれている!優しい人もいるんだ!」と。今ではピーナッツは大好きなパパへありがとうを伝えることを欠かさない。それは少し犬流の方法ではあるが、パパにもしっかり伝わっているのであろう。

 パパ、パパ!ありがとう!
net]

 「パパから降りないとだめよ。」とママ。
net]


 一度は死の淵に立たされ、人間を信じられなくなったピーナッツであったが、今は愛情たっぷりのご家庭であたたかな手に抱かれ、幸せいっぱいに過ごしているようだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加