stalin-1 [www-frame

 猫による猫のための暗躍集団NNN。そんなNNNの最高幹部クラス、あるいは敵対組織の幹部クラスであろうか。かなり意識の高めな独裁者気質のある猫が発見されたので、その危険性とかわいさの両方にご注意いただきたくご紹介しよう。

 
スポンサードリンク

 その猫の名前は「ミャオウシフ・スターリン」。この世でもっともかわいい独裁者だ。何よりその白いひげに似た模様がスターリンにそっくりで飼い主のボーイフレンドさんに命名されたとの事。そんなスターリン猫のインターネットを使った世界統治の五ヵ年計画をご紹介したい。
net] (2)
「私の信じるものはただひとつ。猫の意志の力だ。」

 1ヵ年目:集団的猫の下僕化計画
net]
「ひとつのおもちゃの死は悲劇だが、100万のおもちゃの死は統計に過ぎない。」

 まずは大地と身をひとつにするんだ。そうすることで大地は、自分の本当の指導者が誰なのか分かるのさ。もちろんそれは私だ。指導者が私なら、行く道はそう困難でもないだろう。大地を愛すことだよ。
net]

 我々が革命を行っている間も、そして革命後もニンゲンたちには猫に仕える義務があるのだという事を教え込む。そう例えば料理などだ。ニンゲンたちは我々に必要とされたがっているのだ。
net] (1)
「これは料理中のニンゲンだ。何かうまそうなものを落としてくれることもある。」


net]
「いい下僕を作るためには常に親しみやすくいなくてはいけない。注目されることに慣れてなくてはならない。魅力的でいればニンゲンたちが自然と貢ぎ物をくれたりモフしてくれるんだ。そうだ下僕化だ。」

 2ヵ年目
net]
「私は、私をモフるものは何人でも大歓迎だ。しかし私を捨てるものは断じて許さないのだ。」

 
 うっとりして見える?そんな時の私こそいつも覚醒状態にあることを記憶せよ。
net]
「なに?吾輩のツナがないだと?ふん。ただじゃ済まないということを教えてくれよう。」


 いつどこからか異端者や敵がやってくるか分からないのなら用心することだ。
net]
「お散歩ではない。敵がいないか視察しているのだ。」


 友とは親しく、しかし敵とはさらに深く親しくしておくのだ。食事を共にし、共に楽しみ、共に箱に入るのだ。そうだ。そうすることで皆、我々の支配下にあると勘違いしてくれる。
net]
「箱はいいものだ。」


 3ヵ年目:粛清あるのみ
net]



 自身のルールの骨格に歪みを感じたときは、体を休めるべし
net]

 あるいは全身を清め
net]

 鍛え、来るべき時のために備えるのだ。
net]

 4ヵ年目:あちらこちニャを征服する
net]
月曜の朝のストレッチ。新しい週の始まり。それは新しい征服の始まりでもある。

 持つものは全て私に寄こすのだ。そうそのツナ缶を私によこすのだ。
net]


 敵には怒りのすべてを込めて恫喝すべし。相手が我々の言うなりになるまで鳴くのだ。
net]


 5ヵ年目:革命の省察
net]


 五年目にもなれば、私は欲するものはすべて手にしているはずだ。おそらくリタイアし、学生に夢を追い求め続けることの大切さを説いている頃であろう。
net]

 そうして新たに得た楽園でまどろみながら過ごすのである。
net]


 こんな下僕作成マシーンみたいな独裁者いたらあかん!危険な匂いがプンプンなわけだが、でもこんな記事もあるから
きっと優しい世界になるのかも。多分きっとそうなんだ。
via:Here’s Meowseph Stalin’s Adorable Five-Year Plan translated kokarimushi / edited by parumo
このエントリーをはてなブックマークに追加