nekofukuro

 どこまで行っても誰かがついてくる。これは悪夢の一つと言って過言ではないと思う。あまりの恐ろしさゆえか、場所時刻は不明ながらも、そんな悪夢に見舞われた一匹の猫が発見された。
スポンサードリンク


Cat's first paper bag experience ends in disaster

 やんちゃで元気いっぱいの子猫が、ひとたび紙袋に遭遇すると、こんな惨劇になるようだ。箱入りならぬ袋入りは、猫にとってどうやらショックの大きい出来事のようである。

 仲間が救助を試みるも、あまりのその動きの激しさ、恐ろしさに躊躇し見捨てて逃走。その後被害者は家じゅうを疾走し、なんとか紙袋の呪いから解放された模様である。

解放後もテーブルの陰から、紙袋を警戒するほどに恐ろしかった模様。「そこに箱や袋あり故に我輩入る」が信条の猫にとって袋憑りつかれ問題は今後も切っても切れない問題になっていくだろう。



このエントリーをはてなブックマークに追加