arauguma

 習性というのは恐ろしいものである。今回、日本の某所でアライグマと綿あめの甘く切ない物語を撮影した動画が発見された。
スポンサードリンク



 甘くてふわふわの綿あめを与えられたアライグマが、うっかり綿あめを洗おうと水につけてしまった。ご存知の通り綿あめは水に入れた瞬間溶けてしまうのだ。「あれ?どこに消えたの?」っと消えてしまった綿あめを捜索するアライグマが切なくて胸きゅんなのだ。

 なお、アライグマは衛生のために洗うのではなく、水に手先を入れることで指先が敏感になり、これから何を食べるのか察知するために水に手をいれるのだという説もある。アライグマの生態の真相も要チェックである。



このエントリーをはてなブックマークに追加