20231213_104034 (4)_batch

 近隣で暮らす野生の生き物が、ニンゲンの暮らすエリアに紛れ込んでくる…というのは良くある話だが、そもそも暮らしている世界が違い過ぎる生き物が現れると、ビックリしてしまうよね。

 オーストラリアのタスマニア島では、海に棲むアザラシが住宅街にやって来たようなんだ。
sponsored links
sponsored links


Neil the Seal Visits Town || ViralHog

 事件はオーストラリアのタスマニア島、ダンオーリーで起こった。「ニール」という愛称で知られるアザラシが、民家のあるエリアへとやって来た。
 
20231213_104034_batch

 そしてとあるお宅の玄関前にゴロン。
20231213_104034 (2)_batch

「おいおい、玄関開けたとき、こんなのがいたらどうするよ…」とぼやく撮影者さん。「ほら、ニール、海へ帰ろう」と促すのだが…。

 ニール氏はまだ帰りたくないみたいだね。
20231213_104034 (5)_batch

 とうとうパトカーも出動して、ニール氏は名残惜しそうに海へと帰って行ったよ。
20231213_104034 (7)_batch

 ニールはこの界隈では知られたアザラシで、よくこんなことをやらかしては警察のお世話になっているらしい。パトカーで駆けつけたお巡りさんともお馴染みで、お互いにいわゆる「愛憎関係」にあるそうだ。ほんと、ご苦労様なんだよ。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
ある日森の中でアシカさんに出会った?「迷子のアシカを捕まえろ!」大作戦に密着してみた


こうみえてもかゆいところに手が届くんやから。ゾウアザラシの背中カキカキが意外と器用な件


うああああ、こいつはたまんねぇや…と思ったか、ゾウアザラシの反応がちょっぴり無慈悲だった件


アザラシ、お前英語話せるのか。アザラシの言語が巧妙だった件に関して


なんとビックリ、オタリアがクルマの上で昼寝してる?海にお帰りいただくまでの道中を追ってみた