20230218_015638_batch

 タイのチェンマイにある象の保護施設、エレファント・ネイチャー・パークには、おとなの象も赤ちゃん象も、そして元気いっぱいな小象たちも暮らしている。

 ヤンチャ盛りの子供たちを追いかけるのは大変だ。それはニンゲンの子育てでも変わらないよね。今回はパーク内でのある日の風景をお届けしよう。
sponsored links
sponsored links


Elephant Rush To The River In A Race - ElephantNews

「水浴びするぞ!」「よし、競争しよう!」とでもいうように、川に向かってダッシュする2頭の子象たち。異母姉妹のチャナとサイトーンだ。

20230218_015637 (2)_batch

 興奮気味に水遊びに興じるふたりを、彼らの母親代わりのプロイトーンが追いかけてきた。

20230218_015637 (3)_batch

「ほら、水から上がって!ご飯の時間よ!」
20230218_015638 (2)_batch

「はーい…」としぶしぶ水から上がる子象たち。そして3頭は、仲良くご飯を食べに帰って行ったよ。

20230218_015638 (3)_batch

 象たちはとても社会性のある生き物で、仲間や家族をとても大切にする。だがこの施設のように、さまざまな場所から保護されてきた象たちは、既にある「仲間」や「家族」の中に入るのが難しいこともあるんだ。

 今回登場した象たちも、それぞれ他の象たちに受け入れられたり拒絶されたりを経験しながら「家族」になったんだよ。今は幸せに、落ち着いた暮らしを楽しんでいる象たちが、これからもずっと穏やかに幸せに過ごせますように。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
象ってこんな硬い木を食べるの?流木を鼻でバキバキ割って、美味しそうに食べる保護象たち


「また絶対にいっしょに暮らそう!」離ればなれになるゾウの別れのシーンが涙なしでは見られない


犬も猫もみんなここでは幸せなんだ!タイのエレファントパークで暮らす異種同士の仲良したち


「ごめんなさいね、でもこっちの方が大事なの」子ゾウに子守歌を歌ってもらいたくて、飼育員さんを拉致したゾウ


大好きな命の恩人とキャッキャウフフの追いかけっこを楽しむゾウ