20221124_114739_batch

 今月21日、アメリカのインディアナ州に本拠を置くNBAのインディアナ・ペイサーズが、試合のハーフタイムに余興を入れることにした。地元のシェルターにいる子犬たちによるドッグレースを企画したのだ。

 まだ小さな子犬たちが、チアリーダーのお姉さんたちに励まされてスタートラインについたのだけど…。
Advertisement
Advertisement


Indiana Pacers Halftime Puppy Race

 チアリーダーのお姉さんたちに抱えられて、スタートラインについた子犬たち。
20221124_114739 (3)_batch

 だが、誰も走ろうとしない。どころかお姉さんに甘えて抱っこをねだる子も。
20221124_114739 (2)_batch

「ほら、あっちよ!」と指をさし、おしりを押して促しても、だれも動こうとしなかったのだ。

20221124_114739 (7)_batch

 最後にはスタッフ総出で「こっちこっち!」とやったけれどダメだったみたい。最終的に、彼らは結局抱っこされてゴールまで運ばれたんだそうだ。

20221124_114739 (6)_batch

 幼児未満の小さな子供は、まだ言葉も状況も、その場の空気だって知ったこっちゃないわけだから、親の言うことなんか聞くわけがない。子犬だって同じこと。突然レース会場に連れて来られて「さあ、走れ!」と言われたって、わかるわけがないのである。

 今回のこの様子はむしろ「可愛い!」と大評判に。子犬たちのいるシェルターでは、この人気が彼らにハッピーホームが見つかるきっかけになればと語っていたよ。

※タイトルを修正して再送します。2022.11.24
written by ruichan

▼あわせて読みたい
思わず手に汗握っちゃう。ドッグショーのリレー競技、フライボールがめちゃくちゃ熱かった


ブルドックってこんなに俊敏だったんだ!ドッグショーの人気を独り占めしたブルドッグ


リレーに飛び入りした犬「走るのならだれにも負けないから!」と一気にランナーをごぼう抜きして観客大喜び


さあ、どっちが勝つか勝負だ!ウサギとカメの競争をリアルに実現してみたら…


何でもありのカオスなレース。アメリカの競馬場はエンターテインメント精神にあふれていた