maxresdefault_batch

 アメリカのミネソタ州にある、狐の保護施設「Save A Fox」には、狐だけじゃなくってミンクや犬たちも暮らしている。今日は可愛いオジロスナギツネが、ボーダーコリーに砂の掘方を教えているみたいなんだよ。
Advertisement
Advertisement


Sand fox and border collie play in sandbox

 オジロスナギツネのファウジーくんとボーダーコリーが、いっしょに砂場で遊んでいるよ。わんこが狐に「ねえねえ、何して遊ぶの?」と聞いているみたい。

20221118_120153_batch

「そりゃあもう、砂があったら掘るだけさ!」と、一気に穴を掘っていくファウジーくん。

20221118_120153 (6)_batch

「ボクもやりたい!一緒に掘りたい!」というコリーに、「ここはダメ! ボクが一所懸命掘ってるんだから!」

20221118_120153 (2)_batch

 でも仲良く、効率的な砂の掘方を教えてもらえたみたいだね。
20221118_120153 (4)_batch

 オジロスナギツネは、中東からアフリカ北部にかけて広く分布している狐の仲間で、フェネックみたいに大きな耳が特徴だ。そう、実は耳がすごく良くて、100メートル以上離れたところの小さな音も、しっかり聞こえているんだそうだよ。

 ここの狐たちのご多分に漏れず、ファウジーくんもモフられながら可愛い鳴き声を上げているんだ。下の動画はちょっとだけ音量注意で楽しんでね。


Fawzi the Rüppells sand fox talks!

written by ruichan

▼あわせて読みたい
保護狐の前で思わず「ハクション!」ビックリして固まるキツネの表情の可愛さよ+ウクライナの保護団体の近況も


【音量注意】「お散歩お散歩!」に大興奮なおしゃべり狐はアボカドのぬいぐるみがお気に入り


保護施設のキツネが見せた、モフられて大喜びのビッグスマイル


ボクたち、歌も大好きだよ!「ヘヘヘ」と笑うアメリカの保護狐たち、実は歌うのも得意だった件


キツネは「へへへへ…!」と鳴くんです?モフられキツネの喜びっぷりがまるで笑い袋のよう