20220829_022649_batch

 昭和の時代に一世を風靡した爬虫類と言えば、そう、エリマキトカゲである。そのユーモラスな見かけと二足歩行で走る姿が、なんともユニークで可愛らしいのだ。

 今回ご紹介する動画では、威嚇モードたっぷりのエリマキトカゲが、ニンゲンをおいかけまわしているんだが、なんというか、「月曜の朝」に追いかけられている気分になったお友だちもいたみたいなので、ブルーマンデーなみんなにもちょっとシェアしてみるよ。
Advertisement
Advertisement


Lizard Chases Man! #Shorts

 道端でエリマキトカゲと遭遇した男性。
20220829_022649 (2)_batch

 何が気にくわなかったのか、それとも何かで怒らせたのか、全力でトカゲに追いかけられる羽目に。

20220829_022649 (3)_batch

 本人…いや、本トカゲはもちろん必死なんであるが、この後ろ足だけで走る様子といい、なんだかユーモラスな感じがして、かつて一世を風靡したのも理解できる気がするよね。

20220829_022649 (4)_batch

 エリマキトカゲはニューギニア島南部からオーストラリア北部にかけて生息しているアガマ科のトカゲの仲間で、フトアゴちゃんやインドシナウォータードラゴンなどの遠い親戚でもある。

 エリマキのように見えるのは舌骨で支えられたひだ状の皮膚飾りで、普段はこんな感じに畳んである。


 一度危険を感じると、この部分を広げて身体を巨大に見せることで相手を威嚇する。また、求愛行動をとる際にも、同様にエリマキを広げるんだそうだよ。


 ペットとしても人気で、ペットショップなんかに行くと遭遇できる確率大。しかし彼らが思いっきり走れるスペースの確保は現実的ではないし、何より無駄に怒らせるのも良くないわけで、こんな光景を実際に目にするのは難しそうだね。

written by ruichan

▼あわせて読みたい