20220605_120636 (10)_batch

 真っ白な姿で、長い首を毅然と上げて水の上をすべるように進んでいく……。白鳥と聞いて思い浮かべるのは、こんな優美な水鳥のイメージかもしれない。だがしかし、マランダーは知っている。白鳥という鳥が実は鳥界きっての戦闘民族だということを!



 そんな白鳥のアグレッシブな姿がカメラにとらえられていたので、ぜひみんなにも見てほしい! 白鳥のイメージが変わること請け合いなんだ。


Advertisement
Advertisement


Hilarious Swan Destroys "No Swans!"Sign!

「狂暴な白鳥に注意!」の看板を発見した白鳥氏。「なんやと?ケンカ売っとんのか、われ!」とばかりに激高し……。

20220605_120639_batch

 猛然とこの注意書きを攻撃し始めた!
20220605_120636 (6)_batch

「クソッタレが、こうしてやる!」と、クチバシで引きちぎらんばかりの勢い。ラミネート加工していなかったら、一瞬でボロボロになっていただろう。

20220605_120636 (5)_batch

 だが、攻撃に耐える看板に白鳥氏はさらにヒートアップ。激しく攻撃を加え続けるのであった。はたしてこの勝負の行方やいかに…?

20220605_120636 (9)_batch

 そりゃあ自分が怒りっぽいとか狂暴とか言われたら、どんな温厚な相手だってムカッ!来るに決まっている。ウサギだって怒ってたし。



 白鳥を含む戦闘鳥族たちの本性を目の当たりにしたい!というお友だちは、ぜひこちらの記事も見に行ってみてほしい。



written by ruichan

▼あわせて読みたい
静かな森の湖畔あるある?白鳥にダンスを見せるおじさんがいた


なぜ高速道路に白鳥が? 2日のうちに3羽も迷い込む珍事


~Wildlife Aid~フェンスに挟まったヒナを助けようとするも、パパ・ハクチョウ氏戦闘モードに突入


また出た。横断歩道を渡るハクチョウ一家、自転車を威嚇する


大げんかの末か?白鳥の首がもつれて大変なことに。人間にほどいてもらって一件落着