20220528_113911 (2)_batch
image credit:twitter

 おニューの靴をおろした日に、タイミング悪く雨が降っちゃった!なんて時は、気分がだだ下がっても仕方がない。靴を極力汚さないように、細心の注意を払って歩くしかない。

 そんなシチュエーションを彷彿とさせるような歩き方が「可愛い!」と、Twitterで評判になっていた鳥の映像を見つけたので、みんなにも紹介しておくね。
Advertisement
Advertisement



 向こうからよちよち歩いてくる2羽の鳥。鮮やかな青い足が目立ってる。
20220528_113911 (3)_batch
image credit:twitter

 水鳥だからよちよち歩きなのかな?と思って見ていたら、何やら意図的に足を持ち上げてステップを踏んでいるみたいだよ。

20220528_113911 (4)_batch
image credit:twitter

 まるで、「キレイな靴を水たまりで汚したくない!」と、水たまりに入るのに二の足を踏んでいるようなシチュエーションにも見える。

20220528_113911_batch
image credit:twitter

 この鳥はアオアシカツオドリと言って、メキシコからペルー、ガラパゴス諸島を含んだ太平洋沿岸に生息しているんだそう。特徴的な青い足で、オスは求愛のステップを踏むんだよ。


Dance of the Blue-Footed Booby | Galápagos | Lindblad Expeditions-National Geographic

 鮮やかな青い足の色は、エサとなる青魚から体内に取り込まれるカロテノイド色素によるものだ。歳を取るにつれて色は明るさを失っていくため、若いメスはより明るい色の足を持つオスをパートナーとして選ぶんだって。

 必死にステップを踏んでアピールするオスと、なんだかつれない雰囲気のメス。ダンスでも駄目だった場合、次は小石や木の枝のプレゼント攻勢が始まるとのこと。意中の相手を射止めるには、たゆまぬ努力と押しの一手が欠かせないのだ。

20220528_113911 (6)_batch


 こんなユーモラスでゆったりした動きをしているから、いつもまったりペースなのかと思いきや、狩りの時にはなんとおよそ時速100㎞というスピードで、垂直に海にダイブして魚を狙うんだそうだ。

 群れ全体が一斉に弾丸のように海に飛び込む様子は壮観!

written by ruichan

 狩りのシーンとは裏腹に、地上をよちよち歩く彼らは、顔の表情もなんだかユーモラスで、憎めない感じの鳥さんだよね。


 同じカツオドリの仲間のシロカツオドリの狩りの風景もまた圧巻なので、よかったらこちらの記事も見てみてね!



written by ruichan

▼あわせて読みたい
これは現実の風景なのか?大量のペリカンたちが次々と海にダイブして魚を取るの図


壮観。一万羽以上のハクガンが越冬のため飛び立つよ


【ヘッドホン推奨】たっぷんたっぷんが魅力でしょ?キジオライチョウの胸はオスのアピールポイントだった!


もっとワシを見てくれや~!鳥、求愛ダンスでこれでもかと大ハッスルする。


コウノトリのカップル、はじめての卵に歓喜のクラッタリング・その姿を見た海外の反応