nuttybar0_640

 庭にやって来る生き物たちに、ご飯やオヤツのお裾分け…。最近の日本の街中ではなかなか難しいかもしれないけれど、例えば我が家ではスズメやオナガに、ニワトリの餌をお裾分けしていたことがあったっけ。

 今回ご紹介するのは、なんとリスたちのためにナッツバーを作ったところ、ブレイクして人気商品になっちゃったというお話だよ。ぜひ楽しんでね。
Advertisement
Advertisement


Squirrel Bar - X Carve CNC project - The Nutty Bar- Thinking outside the nut!

 オハイオ州で暮らす木工作家のマイケル・デュッコさんは、ある日隣人から相談を受けた。バードウォッチングをしようと思って庭に設置したバードフィーダーが、リスに占拠されて肝心の野鳥が食べられないでいるんだそうだ。

 そこでマイケルさんは考えた。リス専用の食事処を作ってやればいいんじゃないか? そして生まれたのがこの「Nutty Bar」なんだ。

nuttybar4_640

 容器には「エール」だの「スタウト」だの、ビールの種類にちなんだメニューが書かれているよ。マイケルさんはビール党なのかな。

nuttybar5_640

 早速設置したところ、目論見は見事成功! 早速リスがやって来たよ。
nuttybar6_640

 さて、こんなステキなナッツバー、人気が出ないわけがない。この後いろいろなメディアなどで取り上げられた結果、マイケルさんのもとには各地から注文が舞い込むように。

 工房では量産態勢が整えられた!

 自宅のガレージセールやフリーマーケットなどで販売されているのはもちろん、なんと米Amazonでも取り扱いが開始されたそう。


 現在はお客さんからの要望に合わせて、いろいろなサイズや色のナッツバーを開発しているそうだ。

 マイケルさんは14歳のときに木工の魅力にとりつかれて以来、さまざまな作品を創り出してきたんだそう。でもまさか、リスのフィーダーでブレイクすることになるとは思いもしなかっただろうね。

 もし木工に興味がある!というお友だちは、良かったらマイケルさんのYouTubeチャンネルやInstagramFacebookに遊びに行ってみて欲しい。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
リスによるリスのためのピタゴラスイッチ!リスがナッツを食べるまでの大掛かりな仕掛け


リスたちのためのナッツバーが開店したよ!まったりとオヤツタイムを楽しむリスたち


森で出会ったリス、人間のくれたナッツのおいしさに驚いて硬直


「いたたたっ!ふーっ、ふーっ」指を挟んだリス(涙目)のリアクションが人間そっくりな件について


なぜどうして?って考えたら負け。リスさん御用達の猫頭フィーダーはいかが?