dropped52
image credit:Instagram

 昨日は愛を伝える日、バレンタインデーだった。愛の伝え方、愛情を伝える相手は人それぞれだけれど、人間界のイベントなんて我関せずなペットたちは365日いつだって愛を伝えられてハッピーなはずなんだ。

 愛情豊かといえば、トルコのピアニストのサーパーさんはこんな冬の一日をいかがお過ごしだろうか?いつでも愛に満ちた彼のInstagramを覗いに行ってみよう。


Advertisement
Advertisement


 今宵もサーパーさん宅では猫と共存したピアノレッスンが行われていた。参加する猫の様子はフリーダムそのもの。頭突きをするもよし、鍵盤を肉球で踏んで演奏するもよしと、とにかく楽しそうだったよ。サーパーさんも愛猫がかわいくて仕方ないのか笑顔がこぼれちゃっている。


 ピアノの練習をすると、愛猫氏もさっそく参加してきた
dropped54
image credit:Instagram

 鍵盤を叩いたり手の甲に頭をこすりつけたり愛情表現が止まらない
dropped53
image credit:Instagram

 両手はふさがっているけど頭突きには愛をもってお返事するサーパーさん
dropped52
image credit:Instagram

 愛猫の甘えん坊っぷりにサーパーさんは笑顔を見せていたよ
dropped55
image credit:Instagram


 この家ではいついかなる時でも愛がいっぱい。ピアノを演奏する傍ら、サーパーさんは今も猫の保護活動を続けている。道端で見かけたけがをした猫や、病の猫を獣医に届けるなど、Instagramを覗くだけでも枚挙にいとまがない。ただ助けるだけでなく、きちんと里親が決まるまでのお世話もしっかりしてくれているみたいだ。こうして世界から一匹でも不幸な猫が減って幸せに過ごしてくれるようになったらいいよね。

written by kokarimushi

あわせて読みたい
猫を愛し、猫に愛されるピアニストのサーパーさん、今も変わらず猫を保護してピアノを弾いているようだ


秋の夜長にほっこりをどうぞ。トルコの猫天使サーパーさん、愛猫を胸に抱いて一緒にあたたかい笑顔を見せていた


猫を愛するピアニスト、サーパーさん宅のお休み前に開催された小さな夜のリサイタル


トルコのピアニスト兼猫守護者、サーパーさんは愛猫のために今日も愛を込めてピアノを弾いているようだ


野良猫を保護するトルコのピアニストサーパーさん、今日も愛猫とメロディを奏でているよ