sonny6_640

 野生の生き物とのニンゲンとの間に友情が生まれる…という話は、たまにマランダーでも記事にしているから、まあまああることだと言っていいかもしれない。だがその生き物が海に住む魚だとしたら? ないことはないけど珍しい話ではあるよね。

 有名どころでは、コブダイの頼子さんの例もあるわけだが、今回は珊瑚礁の海でチョウチョウウオと仲良くなってしまったダイバーを紹介しようと思うんだ。


Advertisement
Advertisement


Fish Loves To Greet His Favorite Diver And Bring Her Gifts | The Dodo Soulmates

 ダイバーのレイチェル・ムーアさんには、不思議なソウルメイトがいる。フランス領ポリネシアのモーレア島の海に住む、チョウチョウウオのサニーさんだ。

sonny2_640

 これまでに数多くのダイビングを経験してきたレイチェルさんにとっても、こんなふうに魚に懐かれたのは初めての経験だった。

 なんせ、何週間・何か月の間隔を空けてのダイビングでも、サニーさんは彼女を見つけると、まるでわんこが尻尾を振って駆け寄ってくるみたいに、彼女のところへまっしぐらに泳ぎ寄って来るんだよ。

sonny3_640

 そしてサニーさんは、レイチェルさんに珊瑚礁の案内をしてくれるんだそうだ。例えば隠れているウツボを見せてくれたり、お昼寝中のウミガメのところへ連れて行ってくれたり。

sonny4_640

 そしてキレイな貝殻を見つけたよ!と教えてくれたりもするんだ。
sonny5_640

「私は生まれ変わりなんて信じていなかったんだけど、サニーと過ごすうちに、もしかして私たち、前世では親友同士だったんじゃないかしら?って思い始めたの」と、レイチェルさんは語っている。

 現在レイチェルさんは夫のジョシュさんといっしょに、「アガペー」という名前のヨットで世界一周の旅をしているんだ。

 レイチェルさんとサニーさんの付き合いは2年に及ぶんだそう。先月、2ヵ月ぶりにこの海に戻ってきたレイチェルさんたちは、サニーさんの変わらぬ大歓迎を受けたらしい。


 他の海でチョウチョウウオを見かけると、サニーさんのことを考えずにはいられないというレイチェルさん。「お帰りなさい」と迎えてくれるサニーさんのいるモーレア島の海は、レイチェルさんに取ってはいつも「帰る」場所になっているようだよ。

 魚と友だちになったダイバーと言えば、マランダーで以前紹介した、ウツボと仲良しなダイバーさんがいたよね。よかったらこちらの記事も読んでみてね!



written by ruichan

▼あわせて読みたい
どうぞモフってくだせぇ!ダイバーにかまってほしいサメの懐きっぷり


腹減った!もっとくれ!ダイバーからエサをねだるオオカミウオ


エイの尻尾が切れちゃった!犯人を捜してみたところハタタテダイの仕業だった


スリスリいちゃいちゃが止まらない!ハイイロアザラシに愛されまくりのダイバー



このあぶくを出してる生き物は何かしら?ダイバーの手にまとわりつく人懐っこいタコさん