dropped8
image credit:YouTube

 今でこそプールになんてしばらく行ってないけれど、子供の頃はプールが大好きだった。特にウォータースライダーが好きでたまらん!ってタイプの子供だったお友達もいるんじゃないだろうか?

 どうやらプールでの滑り台遊びが好きなのは人間だけじゃないらしい。リオデジャネイロで巨体を無理やり滑らせるウシがスライダーを試している姿が発見された。
sponsored links
sponsored links


Boi 'escorrega' em toboágua em clube Nova Granada

 ダイナマイトなボディでのっそりとスライダーを楽しむウシの姿が目撃されたのは、リオデジャネイロから800キロほど西に向かった辺りにある屠殺場に隣接するプールだったそうだ。どうやらこのウシは命がけの逃走をしてウォータースライダーを楽しむことにしたみたい。

 ニュースになったことでこのウシの運命を大きく変えることになった。


 流れる水、そしてするする滑る自分の体、暑い日のプールの滑り台ってたまらないよね。
dropped9
image credit:YouTube

 巨体ゆえになかなかスピードは出ないけど、それでも心地よさはあるはずだ。
dropped12
image credit:YouTube

 のっそりと滑っていくよ
dropped10
image credit:YouTube

 別アングルからカメラ目線もくれたよ。
dropped8
image credit:YouTube


 本来なら200キロの重さまでしか耐えられない作りの滑り台だったが、なんとこのウシが載ったことで約320キロまでいけることまで発覚した模様。食肉用に加工される予定だったこのウシだったが、ニュースになってクローズアップされたことで一躍有名ウシとなった。

 このウシを飼いたい!と名乗り出た人が現れ、今では「トボガ」と名付けられ、ペットとしてかわいがられて暮らしているとのこと。なお、トボガはポルトガル語で「スライド」を意味するそうだ。

written by kokarimushi

あわせて読みたい
暑い日には牛だって泳ぎたい!…ので、子供たちの遊んでいるプールに飛び込んでみた


ウシってそういうとこある。自ら外した窓を直すのを手伝うウシのジェンナさん


犯牛は「おしりが痒かった」などと供述しており…。800戸に停電をもたらしたリムーザン牛


牛の猫耳?ウシたちの凍傷を防ぐために作られた耳当てがあるらしい


ウシたちが子ウシをぺろぺろしているやさしい世界…と思ったらそこには違う生き物がいた