rozalita0_640

 旅先で出会った生き物と、心が通じ合ってしまい、どうしても離れられなくなってしまったら? いっしょに連れて帰りたい!でもそれには多くの関門がある……。



 その関門を潜り抜けてでも一緒にいたい!と思ったら、後は行動するのみだ。今日お届けするのは、旅で出会った野良犬を迎えに行った女性のお話だよ。ぜひ見てね。
Advertisement
Advertisement


The Moment I Found My Lost Dog

 メキシコのとある道路でクルマを走らせる2人の女性の前に、1匹の犬が姿を現した。「あれがそうじゃない?」と、その犬を目にした2人は大興奮。

rozalita1_640

 運転している女性はサラさんと言って、数週間前にシカゴからメキシコに旅行に来た際、このストリートドッグ~ロザリータと出会って一目惚れ。一緒にアメリカに連れ帰るために、再びこの地にやってきたんだ。

 無事に再会を果たして大喜び。見つけられない可能性もあったろうに、よくシカゴからやって来てくれたよね。

rozalita2_640

 ロザリータのほうも、サラさんを覚えていてくれたみたいだ。
rozalita3_640

 さあ、クルマに乗って一緒に帰ろう!というところで、実はこのとき、ロザリータはひとりじゃなかったみたい。

「待って、お友だちを連れてきたの?」と、サラさんがビックリしていたんだけれど、どうやらそのお友だちはニンゲンと仲良くするつもりはなかったらしく、ロザリータだけが一緒に行くことになったらしい。

rozalita4_640

 ロザリータは現在、もろもろの手続きの最中で、メキシコのプラヤ・デル・カルメンで待機中。幸いなことに、お医者さんに診てもらった結果は健康そのものだったそうだ。

 問題はどうやってアメリカに連れて行くか。現在、貨物室は暑過ぎてロザリータを乗せられないんだとか。サラさんはシカゴまで陸路を行くか、いっそチャーター便を手配するかで悩んでいるそうだ。

 無事にシカゴに着いたら報告するとのことなので、マランダーとしても見守っていたいと思っているよ。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
ここがボクの居場所なんだ!キャビンアテンダントのお姉さんが大好きな保護犬のお話


猫と犬と飼い主と。風の向くまま気の向くままに旅するファミリーの写真集


さあ、いっしょに冒険を始めよう!砂漠で出会った1人と2匹、旅の記録はこの後すぐ!


こんな風景があったなんて!犬のミシュカといっしょにクロアチアの大自然を走ろう


Hope For Paws~飼い主に捨てられた犬を助けたい!野良犬ブロンディー救出大作戦