VPR0_e
image credit:Instagram

 生きとし生けるものはやがて歳を取り、身体が思うように動かなくなっていく。そんな晩年を迎えたペットたちのケアを引き受ける犬たちの老人ホーム、つまり「老犬ホーム」が、アメリカのロードアイランド州に存在する。

 今日はこの施設「Vintage Pet Rescue(VPR)」で暮らしている犬たちの姿をご紹介しよう。
Advertisement
Advertisement

1. 絶好のお散歩日和!

2. ちょっとくらいの雨なんてへっちゃら!お散歩に行く気満々だよ

3. お食事タイム

4. みんな仲良く暮らしているよ

5. わんこズに埋もれてお昼寝タイムのママ=VPR創設者のクリステンさん

6. ここに写っているのは13~16歳のわんこたちだ

7. お昼寝の時間は至福の時間

8. パパ=創設者のマークさんとくつろぐ日曜日


9. このおうちが一番気に入ったワン

10. 乳母車でぬくぬくお散歩タイム

11. ぬくぬく

12. いつもいつまでもハッピーに

 クリステンさんとマークさんは、シェルターにいる年老いた犬たちや、老齢となって飼い主が世話をしきれなくなった犬たちを引き取って世話をし、必要な犬には医療処置を施して、献身的なケアを行っているんだ。

 ちなみにマランダーでは、以前にもこのVPRで暮らすわんこたちをご紹介したことがあるんだ。



 上記の記事で紹介したトリガーくんは、この記事の数か月後に安らかに虹の橋を渡って行ったそうだよ。

 ここを終の棲家として、穏やかな日々を送る犬たちも多い。創設者二人の願いのとおり彼らの毎日が愛と幸せに満ちあふれたものでありますように…。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
「さあ、もう少しだ、頑張ろうな」高齢の飼い主、年老いた愛犬を励ましながら車に乗せる


犬のデイケア施設で仕事を始めたよ!犬を愛する男性が撮った犬に囲まれセルフィーが話題に


やった!ボクらのとこにもサンタさんがやって来たよ!犬たちにプレゼントを配るサンタクロース


イギリス人女性が作ったシェルターで、新たな生活を夢見るブルガリアの保護犬たち


クリスマスのご馳走に歓喜する犬たち。セルビアのシェルターにサンタさんがやってきた日