dropped1
image credit:YouTube

 愛嬌たっぷりで手先の器用なイタズラ上手といえばアライグマ氏。日本では農作物を食い荒らしてしまうこともあり害獣に認定されているけれど、その風貌や動きなどからもファンが少なくない愛されっこでもある。

 そんなアライグマがしょっちゅう遊びに来るお宅が撮影した動画を紹介したい。
Advertisement
Advertisement


Brady the Raccoon Breaks In || ViralHog

 こちらのお宅にはブレディというあだ名のついたアライグマが定期的におやつをねだりに来るんだそうだ。しかしブレディの腹時計と人間たちの都合が必ず合うわけじゃない。ブレディが遊びに来ても誰もいないことやドアが開かない日があることを知ったブレディは、その小さな手を活用することを決意したみたいだ。今では侵入経路を把握し、見事に忍び込んでくるそうだ。


 エアコンの窓パネルに両手をすっと侵入させて
dropped2
image credit:YouTube

 スターン!
dropped3
image credit:YouTube

 そうすればもう我が家(?)のようなもんだ
dropped1
image credit:YouTube

 さっそくおやつをくれそうな女性とコミュニケーションを開始した
dropped4
image credit:YouTube


 あだ名をつけちゃっているあたり、こちらのご家族もブレディを憎からず思っているのだろう。あんなひたむきな視線で見つめられちゃったらおいしいものをあげたくなっちゃうのも無理はないかもしれないね。

 冒頭でも説明したけれど、日本ではアライグマは特定外来生物と認定されているため、山や畑で見かけても触れたりしないようにしよう。もし見かけた時は地域の生活衛生課のようなところに電話するのがよさそうだ。

written by kokarimushi

あわせて読みたい
一粒だってお前にはやらねぇ!と、ブドウを独り占めするアライグマ


ねえ、変わった鳥がいるんだけど?庭のバードフィーダーに取りついていたのはコイツだった!


アライグマ、飼い主さんのふれあいタイム要求につれない素振り


アライグマ氏、懸命に窓を開けて頭を入れて家宅侵入なるか?


鯉が泳いでいると思ったら!アライグマ、おまえらかーい!アライグマ、池で風流に泳ぐ