supersizedraccoon0_640

 巣ごもり生活が続いていると、ついついおうちで美味しいものを食べたくなってしまうもの。テイクアウトやデリバリーが、すっかり生活の一部となってしまったというお友だちもいるんじゃなかろうか。

 だがこの生活、運動不足という大きな落とし穴が待っている。油断するとこのアライグマのように、ぽっちゃりな姿に変身してしまうリスクもあるので気をつけよう。
 
Advertisement
Advertisement


Super Sized Raccoon Fills up on Seafood || ViralHog

 ロシアのオルスクにお住いのアライグマ、マーク氏はそのふとましくもぽっちゃりとした体形から、現地のSNSでは「キング」という二つ名で呼ばれているんだそうである。

supersizedraccoon1_640

 いつもこうして仰向けになって、好物のザリガニをムシャムシャ。
supersizedraccoon2_640

 大好きなエビをモグモグ。
supersizedraccoon3_640

 そんな生活を続けているうちに、こんなスーパーサイズになってしまったみたいだ。
supersizedraccoon4_640

 こちらのマーク氏は、ロシアで一番太っちょで、怠惰なアライグマとして有名なんだそうである。それにしてもさすがにこれは、少々ダイエットが必要なのではないだろうか。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
一粒だってお前にはやらねぇ!と、ブドウを独り占めするアライグマ


アライグマ「ブドウもっと食べたい!」と器をひっくり返してみるしぐさがめちゃ可愛い


ねえ、変わった鳥がいるんだけど?庭のバードフィーダーに取りついていたのはコイツだった!


アライグマ氏、懸命に窓を開けて頭を入れて家宅侵入なるか?


ぽっちゃりアライグマ、遊具によじ登りたいけどよじ登れない…