protection3_640

 仕事に夢中になっていると、周囲に状況が目に入らなかったりして、身近に迫った危険への対処が遅れたりすることもある。

 そんなとき、近くにいる誰かがさりげなく手を差し伸べてくれたりしたら、すべてが平和的に解決したりするものなんだ。

 今日も患犬の処置に集中している動物のお医者さんに、そんな危険が迫っていたのだが……。
sponsored links
sponsored links


Clever Vet Protects Herself From Doggy Drool || ViralHog

 この動画は今年の1月に、アメリカのとあるクリニックで撮影されたものらしい。お医者さんのテイラーさんが、頭に何か被った状態で、患者のわんこの足にカテーテルを刺そうとしている?

protection1_640

 実はこのシーン、通りすがりのクリスタルさんという人が、わんこのお口から垂れるよだれに気づいて、とっさにお医者さんの頭にトイレシートを被せてあげたところなんだそうだ。

protection2_640

 間一髪! テイラーさんの頭は無事に守られたみたいだ。
protection5_640

 この動画を撮影したのもそのクリスタルさんだったそうなので、ちょっと撮影前にシートをもっと広げあげて~!とか思ってしまったのだが、何にせよ当初の目的は達成できたようなので何よりだね。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
閲覧注意!ゾウのお医者さんたち、処置の最中に●●まみれになってしまう


ぼく知ってるよ。ぼくの体を良くしてくれてるんでしょ。獣医が施術するあいだじっと待つ犬


「ワタシをここから連れ出して!」動物のお医者さんのある日の惨状にスタッフもボーゼン


カメラは見てしまった。あなたが去った後、獣医師がペットに何をしてるかを激写


優しくって頼りになる!動物のお医者さんと患者たちの写真集