medicine4_640

 お薬飲むのって、子供の頃からキライだった!って人、多いんじゃないかな。錠剤はまだマシだけど、粉薬とか咳止めシロップとか…。

 だけど健康になるためには、どうしても飲まなきゃいけないときもある。親はあの手この手で飲ませようとするんだよね。

 ペットの場合も状況は同じ。できれば飲まずに済ませたい。今日はお薬が飲みたくなくって、寝たふりを決めこむ猫を紹介しよう。
 
Advertisement
Advertisement


Cat pretends to sleep to avoid taking her medicine

 スヤスヤと寝息を立てている猫のグエンさん。でもどうやらお薬の時間みたいだ。
medicine1_640

「グエン、お薬の時間よ!」とご主人が声をかけても、起きる気配すらない。よっぽど深く眠っているのかな。

「グエンったら、本当に眠っているの?」
medicine2_640

「そう、眠っているんならいいわ、お薬もあげないけどオヤツもなしね!」と、飼い主さんが言った途端、何ということでしょう!

 キラリーンと、おめめを開けたではないですか!
medicine3_640

 やっぱり狸寝入りだったんだね。でもオヤツの魅力には負けちゃったんだね。この後グエンさん、ちゃんとお薬飲めたのかな。

 猫以外の生き物でも、お医者さんに行きたくなくて死んだふりをしてみたり、お医者さんが嫌すぎて悪魔が乗り移っちゃったり。



 などと、お薬や病院はやっぱりキライ!という子たちが圧倒的に多いみたいだけど、中にはお医者さん大好き!という奇特なペットたちもいるようだ。



 みんなのところのペットたちはどっち派? お薬を飲ませる苦労話とかも、コメント欄で語ってくれたら嬉しいよ。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
猫氏「意外と平気だった」注射を打ちにイヤイヤ病院に行ったけど…


猫ズの「お医者さんなんて行きたくない!」全力で抵抗する猫たち総集編


子猫「お兄ちゃんたち遊ばんの?」お薬ぬりぬりの後のテンション低めな犬と猫


「ヤバい、ヤバいよ、この状況はヤバい!」病院に行きたくなくて思わず「ヤヴァい~」と鳴いてしまった猫


お薬タイム…テンション下がりまくったマラミュートの切ない表情をご覧ください