dropped13
image credit:Instagram

 パンデミックにより、スポーツなどの無観客の観戦が身近なものになってきてしまった今日この頃。オンラインで見る無観客の試合は、選手の息遣いや衣擦れの音など今まで歓声にかき消されてきた音が聞こえて新鮮といえば新鮮なのだけれど、やはり試合やライブのダイナミックさは、観客を含めてこそだといえる。

 なかなかスポーツ観戦がかなわない我々のために二匹のネズミが白熱したバスケットボールの試合を見せてくれた。
Advertisement
Advertisement



 飼い主のエスターさんにかわいがられて暮らしているネズミのスモアさんとスパイスさん。特訓の末に、ミニチマバスケットコートを準備してもらって、二匹ともダンクを決めまくりだ。ダンクを決めた後は、エスターさんから点…ではなく、おやつをもらえる特殊バスケみたい。

 こちらが二匹のために準備された特設コート
dropped14
image credit:Instagram

 次々とダンクを決めておやつをもらっていくよ
dropped15
image credit:Instagram

 二匹のバスケットマンのゲームは白熱していく
dropped13
image credit:Instagram

 途中、ナイスディフェンスを見せたりもしていた
dropped16
image credit:Instagram


 こうして二匹は運動不足を解消しながら、おやつをもらえるって寸法みたいだ。二匹はいろいろなゲームに日々取り組んでいるみたい。その様子はInstagramで覗くことができるよ。二匹ともなんにでも好奇心旺盛に取り組んでいるみたい。

written by kokarimushi

あわせて読みたい
「お気に入りのオヤツはどっち?」ネズミたちにいろんな食べ物を試してもらった結果(虫注意)


ネズミトリオ、なぜかヒゲとタイを装着して仲良く眠る


ネズミの飼い主になるとこんな特権がついてきます!人懐っこくて可愛い彼らと思う存分触れ合う幸せ


ぽっちゃりネズミ、うっかりマンホールの蓋に挟まる。地元の人々が連携して無事救出


後ろ足がうまく動かないペットのネズミのために、飼い主が作ったプレゼント