galapagos5_640

 ニンゲン向けの市場やレストランに、野生の生き物がやって来るのは良くある話。珍しい生き物の宝庫でもある、ガラパゴス諸島でもその状況は変わらない。



 今回は現地のとあるレストランに、ガラパゴスゾウガメがふらりと立ち寄ったそうなので、その時の映像を見てみよう。
Advertisement
Advertisement


Gigantic Galapagos tortoise casually strolls through a restaurant

 とあるレストランの店内に、のっそりと巨大なお客さんがやって来た。
galapagos1_640

 甲羅を見ると、自然の中を生き抜いてきたつわものであろうことが伝わってくる。
galapagos2_640

 むっ、なんぞ?と、危険を感じたら警戒モード。
galapagos3_640

 カメラにも鋭い一線を向け、あたりを睥睨しながら、レストランの中を好きなだけ見学して行ったようだ。

galapagos4_640

 同じガラパゴスゾウガメで、以前お誕生日をお祝いしてもらっていたチェロさんはこの時50歳だった。



 長命なことで知られるゾウガメとしては、今回のカメのこのサイズならまだまだ若造なのだろうが、それにしてもこの目つき、この貫禄である。

 もしかしたらお腹が空いていて、「何か食べるものない?」と探しに来たのかもしれないけれど、レストランには人気もなく、どうやらまだ準備中なのかも。このあとオヤツにありつけたかどうかは不明だけれど、ぜひまた遊びに来てほしいね。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
ガラパゴスゾウガメをGoProで映してみた。今まで見たことのなかった腹部がチラリ


100歳以上と思われる高齢者が時速3キロぐらいで走行中、警官が呼び止めるも一向に聞かず...


デートの邪魔すんなし!せっかくのラブラブな時間を邪魔されて激おこモードに突入のカメ


カメさんをモフってみた。文句はなさそうだ。ところでカメって触られるのは好きなのかな?


3週間行方不明だったカメのオデットさん、金ぴかのハートのシールを甲羅につけて帰宅。その真相とは?