trashp;ant0_640
image credit:Instagram

 ロシアのゴミ処理施設で、袋に入れられた生きた猫が発見された! 一体どういうことなのか、まずは動画を見て欲しい。
 
Advertisement
Advertisement


 モスクワから東へ700㎞ほどのところにある、ウリヤノフスクのゴミ処理施設。ベルトコンベアーに乗って流れていくゴミを仕分けしていた職員が、白い袋に気がついた。

 ここでの職員たちの仕事は、ゴミに金属や異物などが混ざっていないかをチェックすることだ。件の袋を持ってみると、妙に柔らかかったので、変に思って開けてみたら…。

trashp;ant1_640
image credit:Instagram

 中にいた猫と目が合ってしまった職員さんはビックリ仰天! どうして生きた猫がこんなところに? しかも袋に詰められて…ゴミとして捨てられたというのか?

trashp;ant3_640
image credit:Instagram

 ベルトコンベアーの先には圧縮機があり、もしこのタイミングで誰も気づかなかったら、あと数秒で猫の命は間違いなく失われていたはず。

 保護した猫を診察した獣医師によると、この猫は健康状態も良好で、おそらくどこかで飼われていたのだろうとのこと。

201224-russia-cat8_e

 すんでのところで九死に一生を得た猫は、現在現地の環境省で、野生動物保護の名誉使節を拝命。名前を決めるコンテストも、近々行われる予定だ。

 また猫を助けた職員、ミハイル・トカシュさんは当局から感謝状を贈られた上、会社からも特別ボーナスを支給されることが決まったそうだ。

3cfdc78ddf5f2c062a7584a3d924d684_e

 ご自身も2匹の猫を飼っているというミハイルさんは、「誰でも自分の立場だったら同じことをしたでしょう。あの猫は本当にラッキーでした」と語っている。

 実はこのごみ処理施設では、これまでにもカメやハリネズミが生きたまま発見されたことがあり、今後もより注意して選別作業に臨むとのこと。

 また地域の住民に対しても、生き物をゴミとして出すことがないよう、飼えなくなった場合はシェルターに託すようにと、環境大臣が改めて強いメッセージを送っている。

References:Московский Комсомолец / The Moscow Timesなど /written by ruichan

▼あわせて読みたい
瀕死だった猫を救ったトラック運転手、その猫に出会い救われる。


間一髪!高速道路で子猫を見つけたバイカー、救出の一部始終と後日談


幼いころ窓から捨てられ、保護施設で殺処分直前に家族が見つかった猫。感謝と愛が止まらない


戦禍のシリアから~「猫の家」再び~交通事故で大ケガをした猫を救え!


みんな元気で本当に良かった!ダンボール箱で捨てられていた猫たち、ひとまずもう安心の模様