xmasmiracle0_640

 アメリカの西海岸、ロサンゼルスを拠点にストリートアニマルの保護活動をしているHope For Paws

 ホリデーシーズンに入った12月のある日、メールでの通報を受け取って駆け付けた創設者のたエルダードさんとロレタさんは、クリスマスの奇跡を目にすることになったんだ。
Advertisement
Advertisement


Christmas miracle rescue - don't blink or you'll miss it!

 現場はここ。通報をしてくれたアドリアナさんという女性によると、道路沿いの雨水の排水溝に、子猫が入り込んでしまったとのこと。

 エルダードさんが中を覗くも何も見えず、他の猫の鳴き声を聞かせてみても反応なし。どうやら奥にある排水管の中に入ってしまったようだ。そうなるともう、外からできることは何もない。

xmasmiracle2_640

 どうすることもできず、諦めて立ち去ろうとしたその時…奇跡が彼らの上に舞い降りた! 下水道の清掃をする業者が、このタイミングでここにやって来たのだ。

 快く助っ人を申し出てくれた業者さんたち。反対側から水を流して、子猫をこちら側に追い出そうということに。

xmasmiracle3_640

 子猫が飛び出してきた瞬間に捕まえなければ、また奥に逃げ込んでしまうだろう。チャンスは一度。ロレタさんが息を殺してスタンバっていたところへ…。

 猫ちゃん登場! そして無事に確保成功だ。
gZw7D3@3MB

 エルダードさんが予想していたよりも、ずっと大きなにゃんこだった。アドリアナさんのアイディアで、この猫の名前は偉大な音楽家の誕生日にちなんで、「ベートーベン」に決定! 

xmasmiracle7_640

 この日この時この瞬間に、あのタイミングで業者さんたちが来なかったら、エルダードさんたちは何もできずにその場を後にするしかなかったはず。

「奇跡」を体験して興奮気味なエルダードさん。ロレタさんも「そういうのってあるわよね」と、2人とも少しスピリチュアルな気分になったみたいだ。

 ベートーベンくんは現在保護施設に移って、新しい家族との出会いを待っているとのこと。クリスマスの奇跡がまだまだ続いて、ステキなファミリーが見つかりますように。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
Hope For Paws~「壁の向こうに子猫が?」屋根裏から落ちた子猫の救出大作戦


Hope For Paws~煙突の中から救出された子猫、高速道路で保護された子猫といっしょに新しい家族のもとへ


Hope For Paws~子猫が2匹ここにいるはず!ロサンゼルス川で迷子の子猫たち救出作戦が行われた


路地裏に置かれたダンボールの中から11匹の猫が!無事に保護され一安心


戦禍のシリアから~空爆再開!爆撃の中の猫たち避難を余儀なくされる