pacificocean4_640

 アメリカの西海岸で、ストリートアニマルたちの保護活動をしているのが、おなじみのHope For Pawsの面々である。今日も「ケガをしている犬がいる」との通報を受けて、現場に駆けつけたのだが…。 
Advertisement
Advertisement


This rescue video begins on the streets and ends in the pacific ocean!

 そこにいたのは、後ろ足にケガをした犬だった。オヤツで釣ろうとしたのだが、警戒心の強い彼女はそのままそこから離れて歩き去ってしまった。

pacificocean1_640

 追いかけていった先で、子供たちと楽しそうに過ごしている犬を発見。話を聞いてみると、1週間少し前に姿を見せるようになったこの犬に、「レスリー」という名前をつけて可愛がっていたんだって。

 レネくんというこの男の子が、レスリーと一番の仲良しだったのだが、このお宅ではレスリーを飼うことはできないそう。そこで「きっとステキな里親を見つける!」と約束して彼女を連れ帰ることに。

 レネくんにリードをつけてくれるよう頼んでみたら、しっぽフリフリ、さっきまでとは打って変わって甘えん坊なレスリーさん。あっさりとケージにも収まってくれたよ!

pacificocean3_640

 レスリーの後ろ足には、古い骨折のあとがあって、その影響で足を引きずっていたようだ。数回にわたる難しい手術の結果、レスリーさんは普通に歩けるようになったんだよ。

pacificocean5_640

 そしてレネくんたちとの約束通り、レスリーさんにはステキなご主人が。
pacificocean6_640

 新しいファミリーと、幸せに暮らしているレスリーさん。きっとレネくんご一家も喜んでくれていることだろう。

 レスリーさんが治療を終えて、新しいおうちに引き取られるまで1年ちょっとかかったらしい。コメント欄でもツッコミが入っていたのだけれど、この動画に登場する人たちがマスクをしていないのは、この救出劇が去年のお話だったから。

 最後の飼い主さんたちがマスクをしていないのは、まあ密じゃないから…?なのかな。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
Hope For Paws~おびえ切っていた犬、愛情たっぷりのハグで世界のすべてが変わった!


Hope For Paws~さあこれでサッパリしたよ!放浪中の2年間毛が伸び放題だった犬


路上にパグが放置?陽気で可愛いこの子を助けて!~Hope For Paws


Hope For Paws~高速道路沿いの藪の中に犬がいる!お腹を空かせやせ細った犬の保護作戦


Hope For Paws~住宅地に迷い込んでおびえ切っていた犬、飼い主と感動の再会!