babydeer2_640

 野生の生き物たちが、通りすがりに人間にヘルプを求める…というケースはたまに見聞きする。たいていは水や食べ物をねだったりくっついた貝食い込んだロープなどを外してほしかったり。

 だが今日ご紹介するお話では、生まれたばかりの赤ちゃんがお乳を求めてやって来たんだ。こんな時、どうするのが正解なんだろう?
 
Advertisement
Advertisement


Tiniest Baby Deer Asks Woman To Rescue Him | The Dodo Faith = Restored

ハイカーに近づいて来た小鹿、女性の足をお母さんだと思ったのか…


 今年の7月初めのこと。ノースカロライナ州でハイキング中だったアンバー・スター・ウェストファールさんは、小さな鹿が鳴きながら近づいてくるのに気づいて足を止めた。

 すると小鹿は真っ直ぐにアンバーさんに近づいてきて、なんと彼女の足をちゅうちゅうと吸い始めたのだ!

babydeer3_640

 小鹿は立って歩くこともおぼつかず、まだ生まれて間もないように見える。アンバーさんはこの時何も持っておらず、お乳を求める小鹿を無力に見守るしかなかった。

babydeer4_640

 アンバーさんは、母鹿たちはときどき子供を置いて、エサを探しに行くことがあるのを知っていた。そのため、小鹿の近くに人間がいないほうがいいと考えて、しばらくの間その場を離れた。

 そして戻って見るともう小鹿の姿はなく、鳴き声も聞こえなかった。彼女は「きっと母親が見つけたんだわ」と自分に言い聞かせて、ハイキングを続けたのだった。

夜になって小鹿の保護に成功するも、街はロックダウン中


 後ろ髪を引かれる思いで家に帰ったものの、アンバーさんは小鹿のことが気になって仕方がなかった。そしてとうとう暗くなってから、彼女は小鹿を探すために、もう一度ハイキングコースに戻ったんだ。

 幸いなことに、岩の上で眠っていた小鹿を発見。無事に家に連れ帰ることができた。
babydeer5_640

 だがこの時、アメリカは新型コロナのパンデミックでお店も開いておらず、保護団体とも連絡が付かなかった。

 やむなくゴム手袋に穴を開け、牛乳を飲ませることにした。無心に牛乳を飲む小鹿。アンバーさんはこの小鹿に「スカウト」という名前をつけてあげたんだ。

babydeer6_640

 そして翌日、幸運にもTurner’s Deer Camp Fawn Rescueという保護団体が、スカウトを引き取ってくれることになった。スカウトは仲間たちと共に元気に過ごし、森に帰る日を待つことに。

 お乳を求めていたあの小さなスカウトが、モリモリとエサを食べるようになったよ!

そしてスカウトは仲間たちと森へと帰った


 保護してから2ヶ月、9月初めのある日、スカウトは仲間たちといっしょに森へと帰って行った。


 この出来事はアンバーさんのインスタグラムを通じて、世界中に拡散されて行った。まだら模様が特徴的なスカウトは、もしかするとこのせいで母親から捨てられたのかもしれない、という意見も寄せられてた。

 森にはコヨーテなど、危険な生き物も生息している。まだ小さなスカウトが、厳しい自然の中で生き延びることができるよう、アンバーさんはもちろん、動画を見た視聴者たちも、そしてマランダーも心から祈っているよ。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
「がんばれ、今助けるぞ!」激流に呑まれかけた鹿を救うカヤック乗りたち


2年越しの奇跡。ある日突然いなくなった最愛のシカとの再会


「助かってよかったな!写真いいかな?」はい、パシャリ。氷の上から消防士たちに救出されたシカ


ほら見て!こんなに速く走れるよ!足を失った子ジカが犬と走り回れるようになるまでの物語


孤児となった子ジカの親友となったのは1羽のハトだった。