foxcub2_640

 イギリスで野生動物たちの救助と保護に携わる「Wildlife Aid財団」では、これまでにもいろんな生き物たちの救出活動してきたわけなんだが、中にはやはり「なぜそうなった?」と救出相手に聞きたくなるようなシチュエーションもあるみたいだ。

 今回は少し古い動画なんだけれど、タイヤにはまって動けなくなった子ギツネの救助活動を紹介しよう。
Advertisement
Advertisement


Fox cub gets head stuck in a wheel!

 スタッフのゴフさんが連れ帰って来た子ギツネは、タイヤのハブ穴に頭を突っ込んで身動きできなくなってしまっていた。

foxcub1_640

 このままでは救出もできないので、診療所に連れ帰って麻酔をかけることに。
foxcub3_640

 麻酔が効いてきたところで、子ギツネの頭が穴を通り抜けらるように、プラスチックのシートを巻いて押したり引いたり。

foxcub5_640

 試行錯誤の甲斐あって、無事に外すことに成功した!
foxcub6_640

 イギリスではこんな事件はたびたび起こっているみたいだ。


 今回はホイールを切断することもなく救出できたのは幸いだった。子ギツネは顔の周りが腫れていたためにステロイドを注射。しばらく休んで元気になった後、無事に野生に帰って行ったようだよ。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
母親を亡くした子ギツネを探せ!取り残された子供の片割れを保護するWildlife Aid


保護キツネの子にお友だちができたよ!初めて会った瞬間から仲良く遊ぶ子ギツネたち


WildLife Aid~助けてやるからちょっとおとなしくしてなさいよ!クリケットのネットに絡まった子ギツネたち


Wildlife Aid~ビックリ!バスルームにキツネが!トイレの前で動けなくなっていたキツネの保護作戦


網に絡まったキツネを救え!イギリスで動物たちに手を差し伸べるWildlife Aid財団の活動を見てみよう