wonbat0_640
image credit:Instagram

 みんなは「ウォンバット」って生き物を知ってるかな。オーストラリアに住む動物で、お腹の袋がうしろ向きについていたり、うんちが四角かったりと、実に興味深く可愛い生き物なんである。

 というわけで、今日はキュートで愛くるしい赤ちゃんウォンバットを紹介するね!
Advertisement
Advertisement

 オーストラリアのキャンベラにあるこのお宅には、2匹のウォンバットの赤ちゃんが保護されている。

 生まれて初めて、ソファの上を探検しているのはアーシュラちゃん。この子は9月にこのおうちに来たばかりなんだって。


 こちらはお姉ちゃんのブリンダベラ(ブリンディ)ちゃん。8月の終わりにこのおうちに保護されてきたんだよ。すやすや寝顔が可愛いよね。


 ブリンディちゃんとお気に入りのウサギさん。何が可愛いってこのおしり! アーシュラちゃんが来るまでは、このウサギさんがブリンディちゃんの相棒だったんだ。


 保護されたばかりのブリンダベラお姉ちゃん。

 ちっちゃかったお姉ちゃんも大きくなって、アーシュラちゃんに歓迎のキス。

 本来ウォンバットの赤ちゃんは、生後10か月くらいはお母さんのお腹の袋中で過ごし、特に生まれてから半年ほどは、袋から出ることもないんだそう。つまり本来なら、この2匹は今頃まだお母さんのお腹のポケットで、ぬくぬく守られているはずだったんだ。

 住宅地でもウォンバットを見かけるのが珍しくないオーストラリアでは、交通事故に遭う個体も多いらしい。この2匹ももしかしたら、交通事故で親を亡くしたのかもしれないね。いつか野生に帰る日まで、ふたりで仲良くハッピーに過ごしてね!

written by ruichan

▼あわせて読みたい
コアラ&ウォンバットの異種間友情。臨時休園中の動物公園でウォンバットとコアラに絆が芽生えた


「ランチはまだか!抱っこはまだか!」ウォンバットのスカーレットさん我慢できずに叫んだ


甘えん坊でドジっ子の愛すべき動物、ウォンバットさんがお食事する様子を見て、みんなも一息入れようよ


アレルギーに苦しむウォンバットのナゲットさん、特製お風呂でまったり入浴タイム


下着フェチ?みなしごウォンバッドのジョージさんの1日に密着したところ、癒しが止まらない。