beave0_640
image credit:TikTok

 ビーバーといえば、ダムを作る生き物として有名だよね。とあるお宅で保護されているビーバーの赤ちゃんが、家の中でダムの建設を始めた!と話題になっていたので、みんなにも紹介しておくね!
 
Advertisement
Advertisement

 赤ちゃんビーバーのビーヴくん。現在は野生動物のリハビリ専門家のお宅で保護されているのだが、ある日何を思ったのか、おうちの中でダムの建設を始めたんだそうだ。

@beaverbabyfurrylove

Anatomy of Dam Building 101. Start by moving any object you can find to the door. ##DoItBold ##dialitforward ##animalsdoingthings

♬ original sound - Beave

 ビーヴくんのために木の枝なども用意してみたんだそうだが、なぜか天然の素材には見向きもせずに、家具や日用品をせっせと運び続けているんだって。

@beaverbabyfurrylove

Dam Building ##2 ##doitbold ##dialitforward ##animalsdoingthings ##HorrorTok ##fyp ##foryou

♬ original sound - Beave

 現在ビーヴくんを保護している専門家は、「ビーヴはあくまでも野生の生き物であって、決してペットではありません」と繰り返し語っている。

 それではなぜ家の中でペットのように扱っているのかというと、ビーバーは習性として、一人ぼっちでいると非常なストレスを感じてしまい、最悪の場合命にもかかわるケースがあるからなんだそうだ。

@beaverbabyfurrylove

Beaves not damming in his pond yet. He’s to young. He does this in the house because it’s his safe place. Not yet with sticks either. ##fyp

♬ original sound - Beave

 数々の野生生物の保護にかかわって来た専門家としての経験からも、こんな生き物はビーバーだけなんだそう。

 というわけで今日も元気におうちの中でダムの建設にはげむビーヴくん。ダム作りはいつか野生に帰るひのためのリハビリの一環でもあるのだが、そのうち家の中にびっくりするようなダムが完成するかもしれないね。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
おりこうビーバー、大物をくわえて前進するもきちんと一時停止


ビーバーってこんな顔してたんだ!可愛くてふわふわな赤ちゃんビーバーたちにズームイン


そこのけそこのけビーバーが通る!仲間のために人参を運ぶビーバーに関する海外の反応


おやつを欲しがるビーバー、決死のおねだり。無事クッキーをせしめる


「何これ、ちょっと怖いよぉ!」人間に育てられているカワウソの赤ちゃん、はじめて水に入ってみた。