lovenpets0_640

 サウンドボードを駆使して、飼い主さんと意思の疎通を図る猫のビリさん。「自分の言いたいことを正確にニンゲンに伝える」スキルは、日ごとにアップグレードされているみたいだ。
Advertisement
Advertisement


Love and Pets

「ママ!」
lovenpets_640

「撫でる!」
lovenpets2_640

 すかさずビリさんのそばにやってきたご主人。「どこを撫でて欲しいの?」「背中?」「耳?」…それもいいけどビリさんは「ほっぺた!」を撫でて欲しいみたいだ。

lovenpets3_640

「ほっぺた! ほっぺた!」と何度も繰り返すビリさん。
lovenpets4_640

 最後は「大好き!」って言ってくれたよ! きっと気持ち良くって大満足だったんだろうね。

 サウンドボードで身体の部位を教えるのは、意外にもけっこうハードルが高かったんだそう。今ビリさんは「どこ?」を覚えている最中なんだそうだが、今回の動画を見る限り、ちゃんと意味を理解しているみたいだ。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
「欲しいんだってば!」って4回言った!お腹の空いたビリさん、ご飯がもらえずキャットニップで手を打つ


「愛猫と意思の疎通ができたなら…」と思ってる人に朗報か?「大好き!」とボタンで伝える猫


「大事なことだから3回言った!」ボタンを押すことでコミュニケーションする犬、怒りの連打を覚えた模様


猫の「オッオー!」は「ご飯くれ!」毎朝空のボウルを前に「オッオー」とエサを要求する猫


耳の不自由な猫と、手話でコミュニケーションを。飼い猫にサインを教えてみた結果