momnbabies4_640

 アメリカの西海岸で、トラブルに見舞われたストリートアニマルたちに手を差し伸べるHope For Pawsのスタッフたち。

 この日は「道端で子どもを産んだピットブルがいる」との通報を受けて、取るものもとりあえず現場に駆けつけた。そこでスタッフたちが見たものとは…。
Advertisement
Advertisement


Mom protects babies with her body after one was stolen!!!

母犬と生まれたばかりの子犬たちを助けて!


 通報者のステファニーさんによると、残念ながら子犬のうち1匹は亡くなってしまい、母犬がその死んだ子犬をくわえて、助けを求めるかのように歩き回っていたのだという。

 現場に急行したエルダードさんとロレタさんが発見したのは、ぽっかりと空いた木陰の空間で、子犬たちを守る母犬の姿だった。機転を利かせたステファニーさんが、フェンスで周囲を囲っていてくれたのだ。

 暗くなる前に…と大急ぎで駆け付けたため、わんこ用の特製チーズバーガーはこの時持ってきていなかった。母犬は子犬たちを守ろうと威嚇はしてくるものの、人には馴れている様子。

 エルダードさんはまず母犬を外に連れ出して、子犬たちもすべて保護。母犬には「ジェイド(翡翠)」という名前をつけてあげたよ。

momnbabies1_640

 亡くなっていた子犬には「シトリン」という名前をつけて、いっしょに連れ帰ることに。そして残った子犬たちにも、それぞれ「ルビー」「トパーズ」「ダイアモンド」「琥珀」「アメジスト」「エメラルド」と、宝石にちなんだ名前がつけられた。

だがまだこのレスキューは終わりじゃなかった


 ステファニーさんと名残を惜しみながら別れた後、犬たちは保護施設へ。診察室で気づいたのだが、ジェイドはまだとても若かった。温かいベッドと食事を与えられた後も、ジェイドは浮かないかをしたままだったが、この時は誰もまだその理由がわからなかった。
 
momnbabies2_640

 翌朝早く、ステファニーさんから連絡が。実は近所の住む女性が、ジェイドのもとから1匹の子犬を連れ去っていたのだという。

 だが生まれたばかりの子犬を、母犬から引き離して育てるのは難しい。子犬は一晩中鳴き続け、自分の過ちを悟った女性が、ステファニーさんのところへ子犬を返しに来たんだそう。

 この子犬には「ターコイズ」という名前がつけられたよ!
momnbabies3_640

 お医者さんの診察を受けた結果、子犬たちは女の子が6匹、男の子が1匹であることが判明した。

すっかり成長した子犬たち


 そして保護されてから8週間が過ぎた。子犬たちはみんな元気に大きくなり、ご覧の通り走り回るようになったよ!

momnbabies5_640

 ジェイドさんとすっかり成長した子犬たちは、彼らをたくさん愛してくれる、ステキな家庭に引き取られるのを待っている。彼らがこれからたくさんハッピーに暮らせるよう、マランダーもたくさん祈っておくよ。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
8匹のボーダーコリーの子犬が盗まれた!地元警官の力もあって無事にママと再会で記念撮影(海外の反応)


Animal Aid~助けて、子供たちがここに埋まっているの!スタッフと一緒に掘って救出を手伝う母犬


これこそが「幸せのかたち」ってやつさ!子犬たちを見守るゴールデン夫婦のまなざしが優しすぎる


「1匹増えても、どんとこい!」生まれたばかりで孤児となった子犬を、子猫に混ぜてみたところ…


火事で我が子を失った母犬、失意のどん底に。そこで母親を失った子犬たちを与えてみると・・・