homelessowner6_640

 ペットを飼うのには責任が伴う。だが飼い主が「飼えなくなったから」「飽きたから」などといった安直な理由で、捨てられる動物たちも後を絶たないのが現状だ。

 アメリカの西海岸で、困っているストリートアニマルたちに手を差し伸べるHope For Pawsのスタッフたち。今日は「ホームレスの飼い主に置き去りにされた犬がいる」との通報で、早速現場に駆けつけた。 
Advertisement
Advertisement


His homeless owner disappeared one day and he didn't trust anyone!!!



 そのホームレスは複数の犬を飼っていたようだが、この犬だけを置き去りにして姿を消してしまったのだという。

 犬は近づいてくるスタッフのエルダードさん、ロレタさんに警戒したのだろう。通りから外に通じる門を閉める前に逃走。やむなく走って追いかける2人。

 線路沿いを過ぎ、ロサンゼルス川にぶつかったところでようやく動きが止まった。途中バイクに乗った人に手伝ってもらおうとしたのだが、聞こえなかったのか止まってもらえなかったんだ。

homelessowner2_640

 ホームレスのもとにいたとはいえ、飼い犬だったこのわんこ。「座って、お座り!」というエルダードさんの声に、ゆっくりと腰を下ろしたよ。

 そして犬のハーネスにリードをつけて、保護することに成功! 君の名前は「ガーフィールド」に決めた!

homelessowner7_640

 だがここからが大変だった。疲れ切っていたガーフィールドは歩くのを拒否。抱っこされるのも嫌がった。そもそも最初の現場からここまでは相当距離がある。一計を案じたエルダードさん、専用のタクシーを用意したよ!

 ガーフィールドもこのサービスはとても気に入ってくれたみたいだ。
homelessowner9_640

 穏やかだ優しい性格のガーフィールドは、オモチャで遊ぶのが大好き。すっかり元気になって、新しいおうちで愛情たっぷりに暮らせる日を待っているよ。

homelessowner10_640

 無責任な飼い主による飼育放棄だけではない。不慮の事故や病で、ペットの面倒が見られなくなってしまうケースだってあり得るのだ



 自分にだって明日何が起こるかわからない。万一のことがあったとして、ペットたちが引き続き幸せに暮らし続けていけるように、しっかりと考えておかないといけないと思うのだ。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
Stray Rescue~早く鎖を切ってあげて!引っ越した飼い主に置き去りにされてしまった犬


パラグアイの川岸で捨て犬を発見!釣り人がカヤックで救出に成功


飼い主が突然入院した!置き去りになってしまった犬との感動の再会


家を買ったら地下室に犬がつながれていた!との通報に救助隊が駆けつけた


ずっと待ってたの。2年間置き去りにされた犬、苦難の末新しい家族のもとへ