magpie0_640

 縄張り意識の強い生き物は、特に繁殖期などには近くを通りかかる者に攻撃を仕掛けてくることがある。たとえ相手がニンゲンであろうと、ためらいも容赦もしないのである。

 今回はオーストラリアのとある町で、カササギに追いかけられる少年の様子が話題になっていたのでご紹介しよう。
Advertisement
Advertisement



 事件は先月末の28日、オーストラリアのニューサウスウェールズ州で起きた。お父さんとキックボードで散歩に出たマックスくんだったが、突然の叫び声にお父さんが振り向いてみたところ…。

「わーっ! わーっ!」
magpie1_640

 なんとマックスくんってば、カササギに追いかけられて必死の形相で全力疾走。お父さんをすり抜けて逃げて行っちゃった!

magpie2_640

 以前にも記事にしたことがあったのだが、このカササギという鳥は巣を守るために、人間に攻撃を仕掛けることがよくあるんだとか。



 怖い思いをしたマックスくんだが、なんと彼のドラマはここで終わりではなかった。厚手のパーカーを着込んで、リベンジに打って出たんだよ。

 さっきの場所までやってくると、カササギは再度攻撃を仕掛けてきた。だが完全防備で臨んだ今回は、ちっとも怖くなんかないぞ!

magpie3_640

「へへ~んだ!」と、誇らしそうなこの笑顔がカッコイイよ、マックスくん。
magpie5_640

 あのまま終わっていたら、きっとマックスくんの心にはカササギへの恐怖心とか、悲鳴を上げて逃げてしまった自分の姿とかが焼き付いてしまったのではないだろうか。

 お父さんに励まされてか、自分自身の意思でだったのかはわからないが、「怖い」と感じてしまった自分の気持ちに果敢に立ち向かっていったマックスくんは、きっとひとつ強くなれたんじゃないかな。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
街角のハゴロモガラス「ここはオレサマの縄張りだ!」と通行人に攻撃をしかけまくる


どこへ、そして何のために?3羽の七面鳥が淡々と自転車乗りを追いかけていく光景をご覧ください


子供が七面鳥に追われている?助けよう!連係プレーで子供は無事。だが犯鳥は街から追放された模様


オンリーオーストラリア?庭でカササギが密の大集会。


カラス先輩もタジタジ、おしゃべりカササギのわんぱくぶりを見てみよう