trashcan0_640

 アメリカの西海岸で、トラブルに見舞われたストリートアニマルたちに手を差し伸べるHope For Pawsのスタッフたち。

 今日は彼らの最近の活動から、ゴミ箱に捨てられていたオポッサムの親子を保護した一部始終をご覧いただこう。
 
Advertisement
Advertisement


Why would anyone throw animals into a trash can??? (mom and babies)

「ケガをしたオポッサムがゴミ箱に捨てられている!」という通報を受けて、現場に駆け付けたHope For Paws。スタッフのジョアンさんにとっては、これが最初の成獣のオポッサム救出ミッションだ。

 オポッサムはぐったりと動かない。通報してくれた女性は、「身体の位置が変わっているから生きてるはず」とのこと。早速ゴミ箱から救い出して保護するよ。

trashcan2_640

 どうやらオポッサムは目にケガをしているようだ。通りかかった消防車のおじさんが、救出の様子を興味深そうに見学していたよ。

trashcan3_640

 通報者にお礼を言って、主に野生生物の保護活動をしているPacific Wildlife Projectという非営利団体へと搬送。するとなんと、このオポッサムはお腹の袋に生まれたての赤ちゃんたちを抱えていたことが判明した!

 ジョアンさんは通報者の女性とすぐに連絡を取って、ゴミ箱の中に赤ちゃんが残っていないか確認してもらったよ。幸いなことに、全部お母さんと一緒にいたみたいで一安心。

trashcan4_640

 そして2ヶ月後、すっかり元気になったお母さんと、見違えるように大きくなった赤ちゃんたち。お母さんは目をケガしているため、このまま施設で暮らすことになったんだ。子供たちはいずれ大きくなったら、野生に返してあげるそうだよ。

trashcan5_640

 オポッサムはアメリカ大陸に生息する唯一の有袋類である。別名「フクロネズミ」とも呼ばれていて、大陸移動で北米と南米がつながる前からの生き残りなんだそうだ。

 このオポッサム、死んだフリをすることでも有名で、死臭に似たニオイまで放つんだって! 最初に発見されたときも、もしかしたら自分と子供を守るために、死んだフリをしていたのかもしれないね。

 だがゴミ箱の中という場所は悪かった。このまま通報者さんに気づかれないまま回収されてしまっていたら、母子は助からなかったろう。ナイスなタイミングで発見し通報してくれた女性に、「グッジョブ!」とたくさん言ってあげたい。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
保護施された幼いオポッサムたち、バナナを懸命に食す


本当のお母さんみたい!犬に引き取られたオポッサムの赤ちゃんたちのお話をしよう


「お母さんおもたい?」「へっちゃらよ!」オポッサムの赤ちゃんの面倒を見るジャーマンシェパード


クローゼット開けたらオポッサム。民家に侵入していたオポッサムが守っていたものとは


「ママはどこ?」自動車事故で母親を失ったオポッサム兄弟の保護物語