hifive2_e_e
image credit:twitter

 あいさつ代わりにハイタッチ、「やったね!」と喜びを分かち合うためにハイタッチ。手と手を合わせる「ハイタッチ」はさまざまな場面で使われるが、今回この2種の生き物の間で交わされたハイタッチには、果たしてどんな意味があったのだろうか。
Advertisement
Advertisement


 ぷかーっとまったりくつろいでいるワニのもとへ、カメが真っすぐ近づいてきた。
hifive1_e
image credit:twitter

 そしてすれ違いざま「よう、兄弟!」とハイタッチ…いや、ロータッチか?
hifive
image credit:twitter

 だがワニ氏の反応は今ひとつ。納得いかなげに去っていくカメさんなのであった。
hifive3_e
image credit:twitter

 この2匹の関係は、マブダチなのかライバルなのか、ただの通りすがりだったのか? シチュエーションはイマイチ謎だが、カメは明確な意思を持ってワニに向かってきたのは確かなように見える…まあたいてい、カメって向かってくるけどね。

 でもやっぱりハイタッチするなら柔らかくてあったかい方が…というお友だちは、にゃんことハイタッチ10連発をもう一度堪能しちゃってね!



written by ruichan

▼あわせて読みたい
トカゲ「美味しい朝ご飯ゲット!」卵をめぐるワニとモニターの闘いの一部始終が撮影されていた


なんとも平和な日常的風景?フロリダで優雅にワニを乗りこなす鳥が発見されたらしい


ゴージャスなデリバリーはいかが?カメたちにスペシャルなピザを届けてみた


ひんやりキュート。ワニも懐くし、撫でられてお膝でお昼寝だってする


いやソレ、最初から無理があったと思うよ。カメを一飲みにしようとしたナマズの失敗