dropped17
image credit:Instagram
 某国某所で、障害を抱えるウシと同じく障害を抱えるニワトリが慈しみ合う姿が撮影されていた。まるで互いの過去を慰め合うかのようでもあり、慈しみ合うかのようでもあるこの姿はまさしく「やさしい世界」そのものだった。    
Advertisement
Advertisement
 1匹と1羽にどんな過去があったのか説明はない。分かっているのは互いに障害を持っているということ、互いのそばを離れずにいるということ。ウシはまるでニワトリを抱え込むかのようであり、ニワトリはそれを気持ちよく感じているようである。    ニワトリをぎゅっとするウシ dropped18
image credit:Instagram
 そのままさらに深く抱き込んだ dropped20
image credit:Instagram
 いつもの光景なのだろうか。  ニワトリも嫌がるそぶりもない。 dropped17
image credit:Instagram
 ウシの優しいまなざし、ニワトリの落ち着いた様子、心温まるものであった dropped21
image credit:Instagram
 何かしら生きづらい問題を抱えている様子の1羽と1匹だけれど、お互いの存在があれば心強く生きていけるのかもしれないね。動物たちが時折見せる慈愛の姿にはハッとさせられるものがある。 written by kokarimushi あわせて読みたい コアラ&ウォンバットの異種間友情。臨時休園中の動物公園でウォンバットとコアラに絆が芽生えた

昼寝する犬、忍び寄る猫。猫の、犬に対するとってもピュアな愛がこちら

異種間友情はまたしても生まれていた。ペットのヤギとコヨーテが見せたきゃっきゃうふふな追いかけっこ。

ゴールデンレトリバーは友達上手。シカの赤ちゃんと異種間友情をしっかり築いていたよ

車いすだって関係なし。みんな違ってみんなよくて、みんなで遊ぶとたのしい。保護犬たちの仲良し追いかけっこ