dropped75
image credit:Instagram

 アメリカ合衆国シアトルにお住いのコンチネンタル・ジャイアント・ラビット、ココアパフさんは現在2歳、体重は8キロほど。ジャイアントだけれど、毎日を穏やかに暮らしている。

 コンチネンタル・ジャイアント・ラビットは非常に大型のウサギであり、「ジャイアント」と名がつく通り、非常に大型で迫力があるがとても穏やかで人懐こい種だそうだ。
Advertisement
Advertisement


 素敵なお宅に住むお子さんが抱えているのは、犬…じゃなくて巨大なウサギだった。ウサギといってもただのウサギちゃんではない。最大の大型種ともいえるコンチネンタル・ジャイアント・ラビットなのである。大きなボディを横たえて、女の子のお膝の上でうっとりまどろむココアパフさんは、撫でられるがままになっている。


 ふわっふわのココアパフさんはトイレトレーニングもばっちりの室内飼いのウサギ
dropped77
image credit:Instagram

 ご家族に愛されて毎日を過ごしているようだ
dropped79
image credit:Instagram

 種を超えた姉妹みたいだね
dropped78
image credit:Instagram


 ココアパフさんの飼い主さんは特別なウサギのための寄付金を募る等の活動も行っているとのこと。ココアパフさんとお子さんのほっこりした瞬間がたくさん詰まったInstagramはこちらだよ。

written by kokarimushi

あわせて読みたい
ウサギもどうやら好きみたい。レーザーポインターの光を追うウサギの動きがちょっ速!


赤ちゃんウサギのかわいさったら!イースターがやってくるし可愛いバニーに癒されたい


ウサギのくしゃみは可愛かった?耳元でハクションやられて飼い主さんビックリ


モフモフのもみくちゃ。ウサギの赤ちゃんズの激しいミルク争奪戦


庭で赤ちゃんウサギが生まれていた!出会いに感動する人間男性とウサギたちのかわいさに関する海外の反応