pal0_e_e
image credit:Instagram

 アイスランドのホテルで「マウスキーパー」として働いていた、猫のパルさんを覚えているだろうか。



 実は悲しいニュースが飛び込んできた。パルさんは先月、虹の橋を渡って旅立って行ってしまったそうだ。突然の病であっという間のことだったらしい。

 飼い主さんご夫婦の腕の中で、静かに息を引き取ったというパルさん。今日は彼女を偲んで、生前の写真などを紹介していこうと思うのでぜひ見てほしいな。
Advertisement
Advertisement


 亡くなる1か月前には、「コロナが収束したらどこに旅行に行きたい?」などと、みんなに声をかけてくれていたパルさん。


 雪を眺めるパルさんの動画。

 パルさんはいつも旅人の到着を心から歓迎してくれていた。

「ちゃんと仕事してるでしょ!」マウスキーピング成功のショット。

 こっちのマウスもあたしの管轄よ!

 優しく穏やかなパルさんは、小さな子供にも懐かれていた。

 おやすみなさい、パルさん。長いマウスキーパー生活、お疲れさまでした。

 雄大なアイスランドの大自然とパルさんに会いに行きたい!と思っていたお友だちもいたんじゃないかと思う。自分もぜひ訪れてみたかったな。

 きっとパルさんは虹の橋の向こうで、パパとママと、大好きだったアイスランドの風景を今も見守っていてくれる。



 アイスランドでは現在新型コロナの感染は収束したと見られ、日本からの旅行客も検査などを条件に受け入れているようだが、パルさんのいたホテルは現在一時的に閉鎖中とのこと。

 なかなか自由に海外へ!という気分にはならないのが現状だ。いつかパルさんの愛したアイスランドの大自然と、お空の上のパルさんに会いにに行きたいな。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
異国に住む猫たち。モロッコ・エッサウィラは猫の街だった


スコットランドまで会いに来てね!海沿いの街に住む1匹の猫が世界中で大人気


世界のどこかの街角から。猫たちのいる異国の風景をお楽しみください


世界の街からこんにちは。それぞれの場所で生きる猫たちの写真集


パパ、ママ、今日はどこで眠るのかな。旅するにゃんこの物語