dogblocksdoor0_640

 何かイケナイことをやらかしてしまった場合、もちろんバレずに済ませたい!という気持ちは痛いほどわかる。

 わかるのだが、たいていの場合は隠そうとしても隠しおおせるわけがなく、素直に最初から「ごめんなさい」した方が失うものも少なくて済むケースが多いのだ。信用とか時間とかご飯とかいろいろ。

 だけどどうしても隠したいのがニンゲンの…いや生き物のサガ。今回登場するわんこも、なんとかご主人の目をそらしたいと知恵を絞ったようなのだが……。
Advertisement
Advertisement


Dog Blocks Door to Hide Carpet Destruction || ViralHog

 事件は今月の13日、アメリカのニューヨーク州ヒルトンで起こった。撮影者さんが自宅に入ろうとしたところ、ドアの向こうで愛犬がブロックしている。どうやらご主人に見せたくないものがあるらしい。

dogblocksdoor1_640

 無理やりドアを押し開けてみると…何と言うことでしょう! そこにはボロボロにされたカーペットが!

dogblocksdoor2_640

 どうやらこのわんこ、ひとりでお留守番をしている間に、やってはいけないことをやらかしてしまった模様である。

dogblocksdoor3_640

「いけないことをした!」と十二分に理解していたわんこ、何とか身体を張ってご主人の侵入(?)を阻止しようとしたのだろうが、所詮は無駄な努力だったようだ。

 ちなみにこの惨状を目にしたご主人は、「○す!」とかなりのお怒りモードだったようなので、この後のわんこの運命が気になるところではある。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
マラミュートがひとりでお留守番をしたらこうなった?ニコのやらかしトイレットペーパー疑惑


網戸を破った犬、飼い主に謝罪を表明し自分が網戸になる


帰宅したらあらびっくり。お留守番していたゴールデンレトリバーのやらかしちっち


きっともう同じことはしません、多分。いろいろとやらかしちまった犬たち総集編


ゴメンナサイが言えなくて……。やらかしちまったわんこたち、バレたときの反応それぞれ