dayasaday2_640

 ホシコさんと言えばロシアのアイドルキャットである。そのまったり穏やかなしぐさがファンを魅了してやまないのだが、今日紹介する動画では、なんだかブルーな表情もちょっぴり見せてくれたりして。

 いやきっとそれはバックに流れる音楽のせい。ソビエト時代のヒット曲とともに、ホシコさんのいろんな表情をお楽しみください。
Advertisement
Advertisement


Day as a day

 なんとなくブルーな後姿を見せてくれるホシコさん(男性・6歳)。バックに流れるのは、ロシアがまだソビエト連邦と呼ばれていた頃にヒットした、「Когда твоя девушка больна(あなたの彼女が病気の時)」という曲である。

dayasaday1_640

 歌っているのは1990年に夭逝したヴィクトル・ツォイ。今でもロシアで絶大な人気を誇る、伝説のロックシンガーだ。

dayasaday4_640

「…周りがみんな歌っていても、きみは一人静か。食欲もないし映画にも行きたくない…太陽は輝いて草も育つけど、そんなものは要らないんだ。何もかもがめちゃくちゃだ……恋人が病気になったときは」

dayasaday3_640

 キノーというバンドのボーカルでもあった彼は、1990年に28歳という若さで事故死した。ロシアだけでなく、日本にもいまだに根強いファンが存在するミュージシャンなんだ。

 それはそれとしてホシコさん、あいかわらずまったりゆったり寛ぐ姿が可愛いね。曲のせいもあってか、なんとなくアンニュイな表情をしているようにも見えてしまう。コメント欄では「また体重が増えたんじゃ?」「少しダイエットが必要かも…」などと心配する声も上がっていた。

 さらにいろんなホシコさんの表情をどうぞ。

 この曲をフルで聴いてみたくなったお友だちは、こちらで聴けるのでよかったらクリックしてみてね。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
やっぱり猫はこの遊びが大好き?別猫のようなフットワークで紙飛行機を追いかけるホシコさん


モフりたい抱きしめたい。ホシコさんを思う存分かわいがる羨まけしからん飼い主さんの毎日が明らかに


ロシアの癒し猫ホシコさんを下から見てみた。ガラス越しでもやっぱりおっとりまったりだった


スコティッシュストレートのホシコさん、モスクワへ行く


ロシアのアイドルキャット、ホシコさんとぬくぬくボックス