stella1_640

 以前カラパイアで特集した、サウンドボードで会話する犬「ステラ」さんを覚えているだろうか。



 彼女はただボタンを押して単語を示すだけでなく、その回数によって感情まで表現しちゃうらしい。今日はその感情のこもったボタン連打の様子をご紹介しよう。
 
Advertisement
Advertisement


Why is Stella mad?

 朝から飼い主のクリスティーナさんの前で、ご機嫌の悪そうなステラさん。「どうしたの?」と声をかけると「怒ってるの!」とのお返事が。

stella4_640

「怒ってるのはわかったけど、なんで怒ってるの?」とさらに問いかけると、早速サウンドボードの「ステラは…」を押し…。

stella2_640

「食べる!」「食べる!」「食べる!!」と、「食べる」ボタンを3回連打。
stella3_640

 この日はコロナの影響なのか、普段とは違い仕事に出かけずテレワークをしていたクリスティーナさん。そのためいつもなら出勤前に用意するオヤツがまだだったのだ。

 最初クリスティーナさんは、「雨で外に行けないから機嫌が悪いの?」とか、「私の使っていた毛布が欲しいのかな?」と考えたそうだが、サウンドボードのおかげで正しく意思の疎通ができたようだ。

 ステラさんは何かを強く訴えたい時、その言葉を何度も繰り返す傾向があるという。これはニンゲンも同じだよね。この後、無事にオヤツをもらったステラさんは、満足したかのようにお昼寝を始めたそうだよ。

 すやぴ~。

 さてこの「3回言った!」をさらにアップデートさせたのが下の動画。飼い主さんたちのご飯が終わったらいつもお散歩に行くんだけど、待ち切れなかったステラさんは、まだ料理をしている段階で「ごちそうさま!」をプッシュ。

「まだ作ってるところだよ」とたしなめられたステラさん、「怒ってる!」からの「食べる」3回連打。最後は「来て!」「お外!」を押して、「早く食べて外に行こう!」というメッセージを完璧に伝えたのだ。


written by ruichan

▼あわせて読みたい
ニンゲン語を読んでばっちり理解。インテリジェントなジャーマン・シェパードが発見されたよ


1000の名前を記憶する天才ボーダーコリーに、知らない名前を言ってみた


マスクメロンとピザをよろしく!ヨウムのアインシュタイン、朝ご飯を注文する


耳の不自由な猫と、手話でコミュニケーションを。飼い猫にサインを教えてみた結果


1022個の単語を記憶している天才ボーダーコリーのチェイサーさんの訓練風景