dropped74
image credit:Twitter

 アメリカ合衆国、ミネソタ州ミネアポリスにて何ともうらやましいお話が見つかった。ミネアポリス南部に住む彫刻家のクリストファー・ルタ・ガブエラさんが大きな大きなクマの操り人形を作ったんだそうだ。

 非常によくできたクマの人形がスティービーワンダーの音楽に合わせて踊る様子がTwitterに投稿されていたよ。


Advertisement
Advertisement



 「うちのご近所さんって最高なんだ~!」と書かれたツイートには大きなクマが踊る動画もともに投稿されていた。どうやら近所に住む彫刻家であり映像作家でもあるクリストファーさんが作った操り人形なんだという。まつ毛もしっかりぱちぱちさせるなど、細かい部分までよく作られていたそうだ。このクマ、夜中に見たら怖そうだから防犯上でも役に立ってくれそうだと思ったりして。

 音楽に合わせてその巨体をゆらゆらさせるクマー(人形)
dropped79
image credit:Twitter

 まつ毛を瞬かせるなど凝った作りなんだから!
dropped80
image credit:Twitter

 クマの登場に子供たちは大喜び
dropped81
image credit:Twitter

 みんなマスク着用で遊びまわっていたよ
dropped82
image credit:Twitter


 暗いニュースが多い昨今。とくにミネソタ州では2020年ミネアポリス反人種差別デモなども起こっている。だけれど、心優しい誰かの一工夫でこんなに人々が笑ってくれることもある。やさしい世界を見逃さないでいたいね。

written by kokarimushi

あわせて読みたい
クマが人を追っかけてる!?危機一髪かと思いきや、最後はほんわかアイスを食べていた件


スカンクVS熊。裏庭に迷い込んだ子熊、スカンクと出会いあのアレをくらう。


これは絶対逃げられない!クマの木登り能力が半端ない件について


「ヘイ、バディ!何してんだい?」突然声をかけられて脱兎のごとく逃げ出すクマー


この不協和音、やはりピアニストには向いてなかった?侵入者クマー、そこにあったピアノを弾いて去る