dropped53
image credit:YouTube

 先月20日、ジンバブエ共和国のマニカランド州にある村にて、オスのゾウと4歳の少年が心通わすワンシーンが撮影されていた。

 どうやら撮影者は、少年の母親であるレザンヌさんだそうだ。もともと野生動物を撮影するフォトグラファーのレザンヌさんは身近で起きた異種間の触れ合いに驚いていたみたいだ。
Advertisement
Advertisement


Fearless 4 Year Old Gives Huge Bull Elephant Some Love || ViralHog

 少年は、自分の体の何倍ものサイズのゾウをじっと見上げて立ち尽くしている。母親のレザンヌさんの方を向いてスマイルを見せたかと思うと、ゾウに近寄りそっと触れた。ゾウは気にせず草を食んでいたよ。

 このサイズ感!少年は草を食べるゾウをじっと見ていた
dropped54
image credit:YouTube

 そのうち振り返ってから
dropped56
image credit:YouTube

 ゾウの鼻に触れて小さな異種間友情
dropped53
image credit:YouTube


 ゾウは少年のことは気にせずにその後もお食事を繰り広げていた。

 「ゾウは人間の声を聞き分け、自分の脅威となるかどうかを判断することができる」という説もある。このゾウも少年とレザンヌさんが敵でないということを感じ取ったのかな。

written by kokarimushi

あわせて読みたい
「今ここ検問中だから!」タイではゾウがトラックを止めて積み荷を検査するらしい


立った!子ゾウが立った!転んでは立ち上がる子ゾウの健気なファーストステップ


サーカスにいたゾウたち、リタイアを経て22年ぶりの再会。感動の再会に関する海外の反応


「ちゃんとやれし」自撮りの撮影後、子ゾウにけりを入れられる男性


突然雨が降ってきた!アフリカゾウの赤ちゃん、お母さんの下で雨宿り