dropped45
image credit:Instagram

 本来ならば、捕食者と被食者の関係にある猫と魚のコイ。だけれども、マランダーではたびたび動物たちとコイの友情にも似た関係が事件となって報告されている。

 今回も池のコイが気になって、コイの頭部を何度もタッチする猫が発見された。

Advertisement
Advertisement


 池の周りには人だかりができており、一段下りた石のところで子猫はコイを観察している。そのうちの1匹が気に入ったのか、時々ちょいちょいと肉球で挨拶を試みている。プレデター魂が刺激され散るのかもしれないけど、爪は出ていないみたいでコイも何度か寄ってきて肉球によるコミュニケーションを体感しに来ているかのようだ。


 まるで猫のための席のようなベストスポットへやってきた子猫
dropped46
image credit:Instagram

 非常に丸っこい頭部のコイにロックオンすると前足でちょいちょい
dropped45
image credit:Instagram

 足を変えて何度も挨拶していた
dropped47
image credit:Instagram


 ここのコイは人間たちから餌をたくさんもらっているからか、絶え間なく池のほとりにやってきていた。子猫の体よりも大きそうなコイと好奇心旺盛な子猫の間にも友情ってのは芽生えてしまうみたい。コイはあわよくば子猫を食べようとしているのかもしれないけれど、コイの頭部をおっかなびっくり触れる猫、そして何度も寄ってくるコイにグッときちゃうのは私だけじゃないはずだ。

written by kokarimushi

あわせて読みたい
ねえねえ遊ぼ?何食べてるの?池の鯉に興味津々ごあいさつをする子猫


ラグドールと鯉「あっボール落としちゃった!」「取ってあげるよ!」と仲良くまったり過ごす日々


鯉が泳いでいると思ったら!アライグマ、おまえらかーい!アライグマ、池で風流に泳ぐ


いや、さすがにこのコイは実らないよね。池のコイとチューをしてしまったリス


バラでもらっても面倒だから!スプーン1杯のエサをパクリと食べる池の鯉