2fish4thepriceofone4_640

「オマケ」がキライな人ってあまりいないよね。何かを買った時に、もうひとつオマケでもらえたりしたら、お得感に思わずニヤニヤしちゃわない?

 お店ではよくあるサービスかもしれないけれど、まさかこんな状況でオマケがついてくるとは夢にも思わなかったよ!という動画が話題になっていたので紹介するね。これは絶対嬉しいよね!
Advertisement
Advertisement


Two Fish for the Price of One || ViralHog

 5月のある日、カナダで釣りをしていたライアン・グローヴスさん。アタリが来たのでワクテカで引き上げにかかったのだが……。

 おっ、でかい! 大物か?
2fish4thepriceofone2_640

 んん? 何じゃこりゃ?
2fish4thepriceofone3_640

 なんと針にかかったノーザンパイクが、口いっぱいにマスをくわえたまま網の中へ!
2fish4thepriceofone5_640

 どうやらノーザンパイクは自分が釣りあげられようとしていることに気づかずに、目の前にいたマスをガブリとやったらしい。

2fish4thepriceofone6_640

 釣り上げたライアンさんも、撮影していたエイデンさんもビックリしつつも大興奮。これがホントの一石二鳥、いや一針二魚?

2fish4thepriceofone7_640

「信じられないよ!」と、釣り上げた魚たちといっしょにパシャリ。ライアンさんたちにとって、この日は忘れられない1日となったようだ。


 ノーザンパイクはカワカマスの仲間で、北米のゲームフィッシングでは人気のターゲットだ。現地では生態系の頂点にいるプレデターであり、今年のはじめにはカラパイアで、お腹の中から生きた魚が出てきたなんて話を紹介したよ。



 貪欲でとにかく手あたり次第何でも食べちゃう魚なので、目の前に出てきたマスに反射的に「ガブリ」とやっちゃったんだろうね。

 日本では特定外来生物に指定されているが、以前は鑑賞魚として流通していたこともある。こんな食いしん坊が日本の川で繁殖したら、生態系がえらいことになるのは目に見えているので、現在のところ国内での定着が報告されていないのは幸いだ。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
大きな魚を捕まえた少年。そのあとに少年が見せた行動に関する海外の反応


ちょ、1分も経たずにコレですか!ピラニアさんのいる界隈では、おちおち釣りもできない件について


いやソレ、最初から無理があったと思うよ。カメを一飲みにしようとしたナマズの失敗


ほんわか流れるやさしい時間。友だちになってしまった釣り人さんとカルガモたち


食べ過ぎちっち!消化できないほど大きな魚を食べて窒息寸前の魚とったどー!