friendlyseals1_640

 カラパイアで何度か紹介してきた、やたら人懐っこいハイイロアザラシを覚えているだろうか。



 あの「アザラシたらし」ベン・バーヴィルさんは、今も相変わらず海のわんこたちにイチャコラされまくりらしい。

 今回マランダーでもそのラブラブっぷりをご紹介しちゃいたいと思うのでぜひ見てね!
Advertisement
Advertisement


Friendly Grey Seals Get Up Close and Personal With Diver Near Farne Islands, UK

 イギリスのファーン諸島近海で、毎回ハイイロアザラシに懐かれまくりのベン・バーヴィルさん。

friendlyseals0_640

 ダイバーであり水中写真家であり、そして医師でもあるバーヴィルさんは、なぜかこの海に棲むハイイロアザラシにめちゃんこ愛されちゃっているのだ。

friendlyseals2_640

 ハグされキスされスリスリされ~の、アザラシとのらぶらぶなスキンシップを満喫しているバーヴィルさん。

friendlyseals3_640

 彼の周りには次から次へとアザラシたちがやって来る。いったいなぜバーヴィルさんばっかり愛されるのか、特殊なフェロモンでも出ているのか? 謎である。

friendlyseals4_640

 と思ったらそういえば、こちらの記事でもこの海のアザラシに懐かれたダイバーがいたっけ。良かったらもう一度見てみてね!



 オマケ。こちらはバーヴィルさんのフードを脱がしたくてたまらなそうなアザラシくんだ。


kitcheck

 野生の生き物にこれだけ親しく懐かれるのって、羨ましい以外の何物でもない。ただカラパイアの記事でも触れたように、野生のアザラシは感染症の原因となる細菌を持っている場合もあるので、やはりむやみに触れないのが賢明のようだ。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
アザラシもモフられ好きだった。アザラシの「もっと撫でて」がかわいかった


南極の下へダイビング! 氷の海の神秘に触れる3分間


こいつぁすごい液状化だ。アザラシまみれのカメラマンに関する海外の反応


遊ぼう遊ぼう、ニンゲンさん!人懐っこくってファンキーでキュートなアザラシ総集編


なになに、これって何するもの?ダイバーの持ち物に興味津々なアザラシ