haru0_640

 飼い主にとってペットたちは「家族」同然。愛情と家族のきずなでしっかりと結ばれた、かけがえのない存在だ。

 そんなペットたちを試すかのように、「死んだふり」とか「気絶したふり」をする飼い主さんたちも後を絶たない。なぜ?と疑問にも思うけれど、「きっと心配してくれるはず!」という信頼の裏返しなのかもしれない。

 あの柴犬ハルさんのご主人も、突然倒れたふりをしてみたんだけど……。
Advertisement
Advertisement


Pretending to faint while they're snacking.

 ママと赤ちゃんのエイブラムくん、そしてそばにはペットのわんこ。何気ない幸せいっぱいの日常の一コマだったのだが…。

haru1_640

 突然ママが床に倒れちゃった!
haru4_640

 でも赤ちゃんもハルさんも、いっこうに気にした様子もない。これってやっぱり、ウソだってバレバレ?

「お菓子のお代わり持って来ようっと」
haru5_640

 これは単に「床で昼寝し始めた」と思われただけなのかもしれない。そこで胸を押さえて「く、苦しい!」という演技もしてみたのだが…。

 ハルさん、ご覧の通り大あくび。
haru6_640

 最後の手段! ふたりの上に倒れ込んでみたよ。今度こそ心配してくれるはず!
haru8_640

 この後どうなったかは、ぜひ動画を見てほしい。

 しかしいろんな飼い主さんたちが、この「死んだふり」チャレンジをしているけれど、ほとんどスルーされているパターンが多いような気がする。

 もしここを見てくれているみんなの中にも「やってみた!」っていうお友だちがいたら、ぜひ結果がどうなったか教えてほしいな。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
猫の前で死んだふりをしてみた!こうなった!とりあえず少し心配してほしかった……


ううっ、苦しい、バタリ!と、愛犬ロットワイラーの前で死んだフリを繰り返してみた結果


たまには下僕も猫の愛を感じたい。カリスマ猫下僕のクリスさんも、愛猫の前で死んだふりをしていた。


さあ勝負だ!柴犬と子供のおやつを巡るスリーシェルゲーム・チャレンジ


ねえ、本気でこの子にやらせるの?柴犬ハル監修による甘々サンドイッチづくり