mbari0
image credit:Instagram

 6月8日は「ワールド・オーシャンズ・デイ」つまり「世界の海の日」だったのをご存知かな。この日は世界中で、「国を越えて、みんなで海のことを考えよう」という日なんだ。

 環境を守り、海を知り、海を守ろう。そんなコンセプトのもとで、世界各地でさまざまな催しが(社会的距離を確保しながら)行われていたようだ。

 カリフォルニアにあるモントレーベイ水族館に併設された、モントレーベイ水族館研究所(MBARI)インスタグラムでも、この日を記念する映像が公開されていたので紹介するね。
Advertisement
Advertisement



 メンダコの仲間。ひらひらお耳が可愛いね!
mbari1_640
image credit:Instagram

 多毛類の一種「ウキナガムシ」の仲間と思われる不思議な生き物。
mbari2_640
image credit:Instagram

 深海に棲む「バブルガムサンゴ」の仲間とウミユリ。
mbari7_640
image credit:Instagram

 カイメンの中で休むコンニャクウオの仲間。日本近海にもいる深海魚だ。
mbari8_640
image credit:Instagram

 以前紹介したホウライエソ
mbari9_640
image credit:Instagram

 海の中、特に深海には、まだまだ我々の知らない異世界が広がっているようだ。この世のものとも思えないような不思議な生き物、まだ発見されていない生き物にも、これからたくさん出会えるに違いない。

 マランダーでは今後もそんな生き物たちを紹介して行ければと思っているよ。この分野に詳しいお友だちからのツッコミやリクエストも大歓迎だ。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
これって本当に生きているの?カリフォルニアの深海に棲む奇妙な生物たちを見てみよう


イカの模様はコトバだった?体色の変化でコミュニケーションをとるアメリカオオアカイカ


顔だけでも十分ホラー!海に棲む鬼「オニキンメ」という魚を見てみよう


深海には幻想的なガーデンが広がっていた?珍しいクリーチャーたちを詰め合わせでお届け


この口でどうやって食べるのか?巨大な牙をもつ異相の深海魚ヒガシホウライエソ