dropped57
image credit:YouTube

 アメリカ合衆国ニューメキシコ州にお住いのアカクビワラビーのパントゥフルは生後8か月。おいしいものに興味津々のお年頃。日々のおやつを楽しみに過ごしているそうだ。

 そんなパントゥフルさん、最近ついに禁断の味を覚えてしまったという。それというのは、みんな大好きポテトチップである。
Advertisement
Advertisement


Young Wallaby Munches on A Potato Chip || ViralHog

 しょっぱさとサクサクした食感、お芋の香ばしい風味が我々の手をノンストップにさせちゃうあのアレだ。そのおいしさはワラビーにも通用するみたいだ。パントゥフルさんは過去にポテトフライやオニオンリングを飼い主さんから奪って食べて以来、人間の食べ物のおいしさを知ってしまってジャンクフードの気配を感じるとおねだりするようになってしまったんだそうだ。

 毎日食べるにはあまりにも不健康なので、ごくごくたまにこうして1枚だけポテトチップをあげるようにしているんだって。両手で1枚のチップを握ってさくさく食べる姿はとってもおいしそうでかわいらしいね。


 時々もらえるこの1枚がパントゥフルさんのご褒美
dropped58
image credit:YouTube

 大切そうに両手で持ってさくさく召し上がっている
dropped57
image credit:YouTube

 う~ん見ているこちらも食べたくなってきた
dropped60
image credit:YouTube

 食べ過ぎないで健康的におやつを楽しんでほしいね
dropped59
image credit:YouTube


 飼い主さんの心配は、パントゥフルさんがこれ以上ジャンクな食べ物の存在に気づかないことだという。ミルクシェイクを飲む時は、パントゥフルさんに見えないようにを心掛けているんだとか。すっかりおやつに敏感になったパントゥフルさん、最近はビニール袋ががさがさ言うだけで反応を見せるんだそうだ。健康的なおやつとジャンクなおやつどちらも楽しんですくすく育ってくれるといいね。

written by kokarimushi

あわせて読みたい
お手製袋でもう安心。孤児となったカンガルーに袋を見せると?


今夜のお夕飯は何にしようかしら?冷蔵庫を物色するワラビー


キンッキンに冷えてやがるぜ。クーラーの効いた車で涼んでいたコアラ


オンリーオーストラリア。ゴールキーパーとしてのカンガルー、守備と時々日光浴


ねえ知ってる?ワラビーのお腹の袋に入るのって、けっこう難しいんだって!